月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2690594
Today:615
Yesterday:576
2013年01月06-07日のツイート 〜生まれ清まりの白い花/長滝白山神社の六日祭(花奪い祭り)

2013年01月06日(日) 3 tweets


六日祭(花奪い祭)の長滝白山神社へ http://twitpic.com/bsvdit

posted at 13:20:50


長滝の六日祭。狩衣を着てとうべん竿を振りながら優雅に舞う、延年の舞の田歌(おた)。 http://twitpic.com/bt08gn

posted at 23:21:32


拝殿にて、優雅に延年の舞を進行中。参拝者がいる土間では、高さ6mの天井に吊るされた花笠を三つぎ半の人梯子を組んで奪い合う。六日祭の別名は、花奪い祭。 http://twitpic.com/bt0ctz

posted at 23:33:58


2013年01月07日(月) 10 tweets


一部、動画もアップしました。また後日、ご報告します。 長滝白山神社 六日祭 延年の舞 http://youtu.be/l5xvI1L70rQ 長滝の延年の次第。神事のあとの舞は一番から八番まである。そのうちの「花笠ねり歌/とうべんねり歌」から七番目の「しろすり」へと移る部分。

posted at 00:00:59


長滝白山神社 花奪い祭 http://youtu.be/ipDEq1fCEgw

posted at 00:17:22


まつりの後、宮司さんの若宮家にてなおらい。そこにはすでに、白山を、郡上を、白鳥を愛する面々が揃っていました。この席には太陽の道の水谷氏も、白の民俗学の前田氏も、円空研究の第一人者である長谷川氏 池田も同席するという豪華さ。白鳥で馴染みのMさんや、立光学舎のIくんがいてくれたおかげです…

posted at 00:45:15


そして、ずっと気になっていた子供の頃の記憶。郡上白鳥出身の母方は、長滝白山神社の宮司家と遠縁であり、わたしが子供の頃までおつきあいがありました。そのことも、この歳になってようやく宮司さんと直接お話することができ、再確認することができました。

posted at 00:45:47


「福」この手に 郡上で花奪い祭り(岐阜新聞)
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20130107/201301070947_19049.shtml

posted at 19:11:25


岐阜 天井の花奪い合う祭り(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130106/k10014615551000.html http://twitpic.com/bt7ti0

posted at 19:21:14


白鳥の六日祭、実は今回が初体験でした。毎年1月6日に固定されているため、行きたくても仕事始めの平日だったりしてなかなか行けなかったのです。この祭が、舞台での優雅な舞と土間での勇敢な花奪い(はなばい)という、相反する二つの要素で同時進行していくことがなによりも不思議で、新鮮でした。

posted at 23:40:33


この二つが「長滝の延年」として重要文化財となってようですが、どうしても花奪い(はなばい)祭りの方が話題になり、民俗学的にも観光的にも注目を浴びてしまいがちですが、延年の舞にも注目すべきところが多くあり、本当にいい祭だなぁと思う。 http://twitpic.com/bta5g3

posted at 23:48:45


白山文化、天台宗、修験、伊勢、熊野と、いろんな要素がここ白鳥の地に入り込んでるとは思うけど、祭りの感じが奥三河の花祭に近いものがあると感じた。花笠は、釜の上の天井にある白蓋と同じ。吊されたはちのすを叩き落とす伴鬼が、ここでは民衆の若者になってる。

posted at 23:54:56


輪っかを突き落とす、神島のゲータ祭にも似てるけど、花祭りと花奪い祭の「花」の意味はまったく同じだと思う。どちらも冬至の霜月や立春の正月という始まりの祭り。ハナには最初とか始まりという意味がある。

posted at 23:59:08


2013年01月08日(火)


そして、ハナには生命の根源的なエネルギーが宿っている。正月の初日の出の意味は、もともと冬至の朝日。新年に迎え入れる年神様とは、死と再生により復活した新しい太陽のこと。霜月神楽の花祭りの本質も、この「生まれ清まり」にある。

posted at 00:09:18


新年にあたり国家安穏と五穀豊穣を祈る、長滝の延年。延年とは、長寿を祈り祝うこと。そこには、還暦を過ぎての生まれ変わりもあれば、まさに生まれくる新しい命と同等の意味を持っているように思う。そして、白山(しらやま)や白鳥(しろとり)といったシロやシラにも「生まれ清まり」の意味がある。

posted at 00:17:18




タグ: 神社 お祭り 民俗
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=15899