月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2554640
Today:1592
Yesterday:2780
| 1 | 2 | 最初 | next>>
3/20(祝) ラビラビ@金山巨石群 ~春分×巨石×縄文トランス~
入場無料のイベントです。
春分の日は、父なる太陽と母なる大地に感謝し、調和する瞬間をお祝いする祝祭日。
そんな春分と秋分を祝日にしている国は日本だけ。
この巨石群では春分のスポット光が現れます。
みんなで歌い踊ってお祝いしましょう。



<<フライヤーをダウンロード↓↓↓>>
Yahoo!ボックス - 20120320RaBiRaBi@KANAYAMA.pdf(27.6MB)





   祝☆2012.3.20 ラビラビ@金山巨石群

               ~春分×巨石×縄文トランス~




      RaBiRaBi meets

    
             Kanayama Megaliths

                                of Spring equinox


on March 20, 2012





2012/3/20(祝)@春分の金山巨石群

◎Time schedule

9:00
 山から昇る太陽光の観察

9:30-13:00頃 岩蔭遺跡巨石群内のスポット光観察


            Spotlightlike Sunbeam of Vernal equinox



13:00-16:30 Jomon festival】

RaBiRaBi “Jomon trance” LIVE
ラビラビ(縄文トランス)ライブ:

太陽と大地(巨石)の共演、春分のスポット光をみんなで見たあと、ヒトと巨石の響宴。
よきところで音が鳴り響きはじめます。
もちろん、演奏に使うエネルギーは太陽の恵みソーラーパワー。
縄文式の投げ銭ライブです。



その他、沈みゆく夕陽へのカウントダウンとして、地元の飛騨白龍太鼓による演奏もあります。
また、どこかのタイミングで大麻良葦船による縄文神輿が練り歩く予定です。


16:30-17:00頃 沈む太陽光観察




17:00-18:00 【Celebration of the Sun & the Earth

Offering Ceremony by RaBiRaBi with Sacred fire dance of Achico
ラビラビとAchicoによる祝祭空間と聖なる火の儀式:

巨石に夕陽が沈むのをみんなで見たあと、父なる太陽と母なる大地が調和する“春分
へ感謝の奉納。
宵の暗闇が深まる中で、女神Achicoの火の舞とともにラビラビの祝祭空間が広がります。




19:00~20:00頃 星空(北極星)観察 (中止)



北斗七星の石に点灯します。





金山巨石群 [インフォ]
http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/kyoseki/index.html

アクセス:
車の場合は、名古屋から国道41→国道256号→県道86号で2時間30分。
東海北陸自動車道の郡上八幡ICから国道256号→県道86号で約40分。
東海北陸自動車道の富加関ICから県道58号→国道41→国道256号→県道86号で約60分。
電車の場合は、JR高山本線・飛騨金山駅で下車。
現地まではタクシーで約17km(約20分~25分)。
金山町コミュニティーバスで乙原(おっぱら)又は八坂(はっさか)停留所から岩屋ダム方面へ徒歩約2km。

マップ:

より大きな地図で 金山巨石群 を表示

駐車場について:
当日は車でのご来場が多くなることが予想されますので、イベント用の駐車スペースをご用意しました。
とりあえず現場に行けば分かるように表示してあると思いますが、巨石群沿いの坂を下ったところにあるテニスコートと、その先500mの広い草地へお願いします。
※巨石群前に数台止められる駐車スペースは、基本的に関係車両以外ご遠慮願います。

その他注意事項:
大自然の中にたたずむ巨石群。
現地は携帯電話もつながりません。
街に出るにも車で20分はかかります。
トイレは下のテニスコート内にありますが、暖をとるための建物もありませんので、防寒対策は各自でお願いします。
軽食の販売が決まりましたが、基本的に飲食類は各自でご用意ください。


問合せ
メール:風月
fuhgetsu*moon.sh

協賛:金山巨石群調査資料室
0576-34-0073
http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/kyoseki/index.html

主催:金山町観光協会
0576-32-3544
http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/

*変更のお知らせなど、さらに詳細が決まりましたらこちらのブログでお知らせしていきます!!!





Special Thanks
あぱっち宮原
http://profile.ameba.jp/apatche-miyahara/
十三男(ex かむあそうトライブス/from 山なんや)
http://peace-man13.jugem.jp/
縄文飛騨麻良褌会
尾張葦船プロジェクト
あさみや


RabiRabi [プロフィール]
ふたりの打楽器と声の破天荒なフリースタイル3人組。自然と一体となり即興で紡ぎ出すリズムと唄は、太古と未来が波のように押し寄せ、「縄文トランス」と呼ばれる新しい祝祭空間を創りだ している。東アジアの各地で年間100本を超えるライヴ,フィールドレコーディングを行うサウンド ジプシー。
http://www.rabirabi.com/

Achico [プロフィール]
小さな里山の古民家で畑を耕し、火を焚き、自然と共に暮らす。炎舞で世界各国の聖地での奉納舞、お祭りでの聖なる火の儀式などをお役目とし、炎の奥に映しだされる太古からのいのちのメッセージを伝え、祈り舞う。この星の未来のために、森の活動、自然療法、自然出産などの女神ワークを各地で展開中。
http://ameblo.jp/spiralgypsy/


コメントエリア
■現地への交通手段について
問い合わせがありましたので、こちらにもシェアします。

「初参加可能でしょうか。」

「また、交通手段は車のみでしょうか。」

「公共交通機関はありませんか。」

お問い合わせありがとうございます。
わかりにくい告知ですいません。
縄文なので、もちろんだれでも参加できます。

まだ知らない方も多いのに、これでは来たくても来れませんね。
電車だとJR高山線「飛騨金山駅」下車で、タクシーになるかと思います。
駅から20分くらいでしょうか。
http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/kankou-kanayama_017.htm
http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/kyoseki/right.html

あとは、飛騨金山駅や下呂駅から観光バスが出る日があるのでお問い合わせください。
この日は春分なので、お客さんが一年でも最も多く、間違いなく駅からバスが何便も出ることと思います。

金山町観光協会 【金山巨石群 光の体験ツアー 参加者募集!】
http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/
http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/media/megaliths%20tour.pdf

■フライヤー完成!ダウンロードできます!!!
フライヤーをダウンロード↓↓↓
Yahoo!ボックス - 20120320RaBiRaBi@KANAYAMA.pdf(27.6MB)
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-wszo3z2w4zwro3ajz5snuacuiu-1001&uniqid=70e54d04-2a3a-4f93-beed-66b79110f276&viewtype=detail

■イベント内容の変更について
長時間の開催は防寒などいろんな対策が必要になってくるので、19時からの星空(北極星)観察を中止し、開催時間を早く切り上げることになりました。

それから何かあたたかい食べ物をご用意する予定でしたが、縄文聖地での販売行為はやめようということで、出店ブースは一切設けないことになりました。
近くにコンビニもない山の中ですので、飲食類は各自でご用意いただくようお願いします。

■会場までの交通アクセスを追記しました
アクセス:
車の場合は、名古屋から国道41→国道256号→県道86号で2時間30分。
東海北陸自動車道の郡上八幡ICから国道256号→県道86号で約40分。
東海北陸自動車道の富加関ICから県道58号→国道41→国道256号→県道86号で約60分。
電車の場合は、JR高山本線・飛騨金山駅で下車。
現地まではタクシーで約17km(約20分~25分)。
金山町コミュニティーバスで乙原(おっぱら)又は八坂(はっさか)停留所から岩屋ダム方面へ徒歩約2km。

■軽食の出店が決まりました
会場では飲食類も含め出店はなしとのことでしたが、やはりたくさんの観光客が予想される日。
基本的に食べるものは各自お持ち込みいただけたらと思いますが、軽食の出店が急遽決まりましたのでお知らせします。
金山町のR41号沿いにある「ドライブイン飛山」が、五平餅やうどんなどを出してくれますので、小腹が減ったらぜひ!!!

■当日の天気は「晴れ」です!!!
わたしが金山巨石群に通いはじめて5年くらいは経つでしょうか。春分と夏至と秋分と冬至のすべての太陽を見るのに3〜4年はかかりました。当然いつも晴れるわけではなく、何度行ってもその日に晴れなければ見れません。もちろん縄文のころと今では気候も違うし、それだけ相手が大自然である証拠です。

だから金山巨石群での太陽観測会は、毎回3日間連続で行われたりします。しかし驚くべきことに、この古代天文台を設計した人々はその問題もクリアしていました。何日間に渡ってスポット光が現れるのですが、その期間のど真ん中が春分だったりと、その日を確実に特定できる完璧なシステムになってます。

当日お越しいただく方の一番の心配事は天気だと思います。春に三日の晴れなしという諺があります。だけど調和の光の柱が立つので、ゼッタイ晴れます。わたしは天気予報を信じません。なぜなら今まで予報が雨でもくもりでもスポット光を見てきたから。そんな情報のひとつとして天気予報を見てください。

つい先ほどまでの週間天気予報で、月曜と水曜は晴れで20(火)は「くもり」でしたが、日付が変わって更新されたピンポイント天気では「晴れ」マークに変わっていました!!!→ エキサイト天気 http://exci.to/wAMqfH 日本気象協会 http://bit.ly/FPQ0wK

■駐車場について
当日は車でのご来場が多くなることが予想されますので、イベント用の駐車スペースをご用意しました。
とりあえず現場に行けば分かるように表示してあると思いますが、巨石群沿いの坂を下ったところにあるテニスコートと、その先500mの広い草地へお願いします。

※巨石群前に数台止められる駐車スペースは、基本的に関係車両以外ご遠慮願います。

■その他注意事項
大自然の中にたたずむ巨石群。
現地は携帯電話もつながりません。
街に出るにも車で20分はかかります。

トイレは下のテニスコート内にありますが、暖をとるための建物もありませんので、防寒対策は各自でお願いします。

軽食の販売が決まりましたが、基本的に飲食類は各自でご用意ください。

■いよいよ明日です!!!
入場無料のイベントです。
春分の日は、父なる太陽と母なる大地に感謝し、調和する瞬間をお祝いする祝祭日。
そんな春分と秋分を祝日にしている国は日本だけ。
この巨石群では春分のスポット光が現れます。
みんなで歌い踊ってお祝いしましょう!!!

■夕陽の前後のクライマックスに向けて。。。
沈みゆく夕陽へのカウントダウンとして、地元の飛騨白龍太鼓による演奏もあります。
http://www.youtube.com/watch?v=NofSUgINkt4

また、どこかのタイミングで大麻良と葦船による縄文神輿が練り歩く予定です。
http://www.youtube.com/watch?v=3nHYXX3YFFo
http://www.youtube.com/watch?v=9DpKp3scC20

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=12255
ブログタイトル:オークリー
記事タイトル:繧ェ繝シ繧ッ繝ェ繝シ
記事概要:musublog(繝?繧ケ繝暴繝ュ繧ー)繝暴繝ュ繧ー -譛?髻ウ?シ?縺、縺構縺ョ縺ュ?シ噂竏樣「ィ髻ウ?シ?繧ォ繝?繝圭繧ヲ繝?繧・?シ
| 1 | 2 | 最初 | next>>