月音(つきのね)∞風音(カヂヌウトゥ)

プロフィール
∞音∞_a.k.a._風*月さん
えーさんの紹介で登録しました。
母方が郡上出身で長良川流域にとてもご縁を感じておりますので、どうぞよろしくお願いします!

キーワード:宇宙/巨石/縄文/葦船/磐座/褌/大麻/神社/旧暦/お祭り/音楽/アート/映画…

ムスブログでも以前のmixiのようにリアルタイムで日記を書きたいのですが、今はツイッター中心に書くようにしています。
【mixi】 http://id.mixi.jp/fuhgetsu
【Twitter】 http://twitter.com/fuhgetsu

現在、ブロブのほとんどは、ツイッターを日付毎にまとめてくれるツイログを元にアップしてます。
【Twilog】 http://twilog.org/fuhgetsu/asc-nomen

QRコード
アクセスカウンタ
Total:2275017
Today:620
Yesterday:1059
ホピ平和宣言 〜Hopi Declaration of Peace〜
ホピ平和宣言

起草者 トーマス・バニヤッカ(伝統派ホピ一族通詞)

翻訳者 北山耕平

 

この地球において、真の平和を求めるすべてのひとびとの、頭とスピリットとをひとつにまとめるものが、ほんとうのホピの力のなかにはある・・・

「ホピ」とは「平和にあふれたひとびと」を意味する・・・そして、最も純粋かつ偉大な力とは平和の力である・・・なぜなら平和は「偉大なる精霊のご意志」なのだから・・・

だが、それをたんに、偉大なる精霊がけして武器を取らないようにといわれたからだとか・・・ほんとうのホピは争はないのだからだとか・・・われわれがいのちの正しい道として知っているもののために死ぬこともいとわないのだとか、考えたりしてはならない。

ほんとうのホピは、殺すことも、傷つけることもなく、闘うすべを知っている・・・

ほんとうのホピは、偉大なる精霊の御光のなか、真理と良き力とを用いて、闘うすべを知っている・・・

ほんとうのホピは、明晰な思考と・・・良い絵や写真・・・そして厳密に選ばれた言葉とによって、いかに教育をすればよいのかを知っている・・・

ほんとうのホピは、質素でスピリチュアルないのちの道をーー生き残るであろうただひとつのいのちの道をーー真に探し求める人たちひとりひとりの頭と心に届くように働きかけ、伝えていくことで、いかに世界のすべての子どもたちに、ほんとうのいのちの道の手本をみせるかを知っている・・・

ほんとうのホピが、地球で生きるための聖なる知識を絶やさないでいる理由は、地球が、ひとりの生きて成長しつつある人であること・・・そしてそのうえにあるいっさいのものが、彼女の子どもたちであることを・・・ほんとうのホピが知っているからだ・・・

ほんとうのホピは、聞く耳をもち・・・見る目をもち・・・そうしたことを理解するハートをもつ世界のすべてのひとびとに・・・正しいいのちの道を示してみせるそのやり方を知っている・・・

ほんとうのホピは、真の地球の子供たち全員の頭とスピリットの勢いをひとつにまとめあわせるにたる力を、いかにすれば呼び覚ませるか・・・いかにすればその人たちを偉大なる精霊の良き力とつなぎあわせることができるか・・・その結果この世界の苦しめるすべての場所において、苦痛と迫害に終止符を打つことができるかを知っている・・・

ほんとうのホピは、ここに、ホピの力こそが、世界に変化をもたらす原動力であることを、宣言するものである。

---------------

われわれは、すべてのものが生きており、われわれの声を聞き、われわれを理解していると信じる。

ホピは不毛の大地に暮らしてはいるが、われわれは、われわれが「マーサウ」と呼ぶスピリットによってこの地に導かれたことを信じる。われわれの役割は、ある種の知識を、全人類のために絶やさないようにすることであり、この知識は、すべての(先住民の)国々を理解し存続させ続けるために必要不可欠なものである。

 

新訳「ホピ 平和宣言」 V. 2.9: Native Heart
http://native.way-nifty.com/native_heart/2008/09/v-29-1be5.html

 







”デトックス・クインチ” の 『世にも美しいガンを治す方法』 〜ムラキテルミさんのつけず抜けず使わずで治す温活メソッド
世にも美しいガンの治し方は、大学病院で余命3ヶ月を告げられ、1ヶ月待ちの予約で出逢った医師により、治療せず自分で治すこと教わり、薬をやめ、食べないジュース断食で体温を上げて排泄することで、最後に大学病院でガンが無くなったと異常扱いを受け、見事13ヶ月でガンを完治させたというお話。

ガンは血液の浄化装置。
最後の感動シーンは、ゴルフボール大のガンが薄れていき、消えるかと思ったら毛細血管の塊となる。
癌組織が、新しい血管をつくりはじめ、健康な組織を形成している姿でした。
直感的な「絵」と、必要最小限の情報だけで、漫画よりわかりやすく見るだけで伝わってきます!



世にも美しいガンの治し方

ぶん・Tell me、え・Ritz




”デトックス・クインチ” の 『世にも美しいガンを治す方法』は、つけず・抜けず・使わずで治す、温活メソッドなのです…


Chapter 1. まさかの余命宣告
http://murakiterumi.com/cancer




Chapter 2.『食べない健康法』
http://murakiterumi.com/cancer/cancer02




Chapter 3. サナトリウム
http://murakiterumi.com/cancer/cancer03




Chapter 4. デトックス
http://murakiterumi.com/cancer/cancer04




Chapter 5. まだまだ出る
http://murakiterumi.com/cancer/cancer05




Chapter 6. ガン完治!
http://murakiterumi.com/cancer/cancer06





船木山古墳群のベンガラで彩られた赤彩古墳 〜縄文からつづく美濃席田の聖地で製鉄民の足跡をたどる旅
今日まで無料で特別公開していた、船木山古墳の「赤彩古墳」を見にいってきました。




“古墳数が東海地方最多の船来山古墳群で、死者を埋葬する玄室の内部がベンガラで赤く彩られた赤彩古墳の特別公開が二日、本巣市上保の「赤彩古墳の館」で始まった。六日まで。…”

ベンガラ塗られた「赤彩古墳」玄室を公開 本巣_岐阜(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20150503/CK2015050302000015.html




東海地方最多の古墳が山全体に密集する、船木山古墳群。
4世紀から7世紀にいたる400年間造り続け、古墳数は1000基以上と推測され、現在までに290基が発掘されている。




古墳の人骨の一部からは、縄文人の特徴がみられるものもあった。
6世紀には、赤彩古墳(死者を埋葬する玄室の内部がベンガラで赤く彩られた)が3基、東西横並びに造られた。
古墳が終わると、南麓に白鳳時代の弥勒寺が建立。
船木山という一つの山には、縄文〜弥生〜古墳〜古代〜中世〜近世へという歴史の流れがぎっしりと詰まってます。
濃尾平野(古伊勢湾)最北の地であり、大河川(旧糸貫川)が南北に流れ、東山道が東西に走り、政治文化交通の要衝であった。










“赤彩古墳の発掘例は、西濃に2例(旧上石津町・二又1号墳、池田町・南高野古墳)滋賀1例(旧中主町・木部天神前古墳)その他ありますが、「実見」できるのはこの船来山272号墳だけです。”

“注目すべきは、石室内部の全面に塗られた赤色顔料(ベンガラ)である。内部の四面に入念な塗彩がなされ、天井部分での証拠も確認されていて真に“赤の世界”である。これは死後の世界を赤に守られる信仰なのであろうか…”

本巣市 赤彩古墳の館
http://www.city.motosu.lg.jp/sight/link/fuyuugaki/sekisaikofun.html




ベンガラはの成分は水銀朱ではなく鉄。




つまり酸化鉄の赤錆が使用されていた。




ここは美濃尾張で最大の鉄の産地である金生山(カナブヤマ)にも近い。
そこに美濃最大の都があり、こちらは副都心といった感じか。
物部神社も近く、古墳からは武器や馬具の鉄製品が多く出土している。
物部氏の痕跡としては、地元住民の中に“モリヤ”姓が多く、その子孫であると云われている。




本巣には、開化天皇の御廟があったと伝わり、本巣国造の祖とされる神大根王(開化天皇の孫)を祀る神社もある。
古墳群全体は長期に渡って複数の王や豪族が祀られており、被葬者がだれであるかわからないほど共存していたものと思われる。




古墳時代が終わると、船木山南麓は本巣郡から分かれて席田(むしろだ)郡が建郡される。
続日本書紀には、このとき尾張からきた新羅人によって席田郡が建郡されたとある。
ちなみに、席田郡の地名は全国でもう一つ、北九州に存在した。





このメーデーに思うこと 〜呪縛を断ち切る
G暦5月1日は、労働者の日メーデー。
五月晴れは、旧暦五月の梅雨の晴れ間
五月満月のウエサク祭もある。

サツキとメイの五月。
この5月のメイ[May]には女神の意味がある。

もともとこの日は、ローマ神話の豊穣の女神マイアの祝日。
では、なぜそれが労働者となったのか。
メイデイ[MayDay]とは、夏の訪れを祝う祭であり、その女神に豊穣祈願の生け贄を捧げる日だった。
フランス革命は自由と平等と博愛を掲げたフリーメーソンによって成し遂げられた。
仏政府は、その後に独立したアメリカへ自由の女神を贈っている。
自由と平等と博愛を掲げたフランス革命は、古代の秘儀を伝承している秘密結社によって成し遂げられたといわれる。
その後、仏政府はアメリカの独立記念に自由の女神像を贈った。
自由の女神メイの息子。
自由と平等と博愛を掲げたフリーメイソン。




切断される映画『美しき緑の星』とは
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=34572




この集団社会で身につけていく常識とは、大衆を思考停止させるためのもっとも有効なツール。
なにも陰謀論的に洗脳されてるとか外側からマインドコントロールされてると叫ばなくても、恐怖心からくる正常性バイアスにより自ら暗示をかけてるから、一筋縄ではいかないのがこの常識という名の“呪縛”。
自らの内にある潜在的な世界に気づきが起きていくら覚醒しても、この呪縛がとかれない限りすぐにマトリックスの世界に引き戻されてしまう。
美しき緑の星という切断する映画を見ずとも、この生まれながらにして持っていた本来の自分に後付けされた呪縛を断ち切るのは、意外と簡単なことかもしれない。

日本は海を意識すれば啓かれ、島国として閉ざされれば奴隷化されやすい体質。
お上には逆らわず、長いモノに巻かれ、出る杭は打たれ、臭いモノには蓋をする日本社会は、明治維新とは名ばかりの長い封建制の延長線上に築かれた天皇制で加速し、その体質から抜け切れないまま戦後復興したつもりでいる。
戦後70年経った今でも、何も成長しないまま阪神淡路と東日本大震災へ突入し、スマトラ沖地震の津波とチェルノブイリ原発事故が同時に起ったような最悪の事態に直面しても、ぬるま湯のカエル状態でなんとかつづいてるのはある意味奇跡的だけど、放っておけば他の生命も巻き添えにした危機状態なのだ。
その日本がこのまま安倍晋三親子三代の夢である私的な戦争にまんまと同調していくのか。
数千年来、永い眠りの中にいるわたしたち。
早くから目覚めた人たちにはじっれったく感じるほどゆっくりかもしれない。
戦争のない一万年の縄文から、太陽に手を合わせて拝んできたわたしたちの根っこの部分。
その目に見えない内側ではちゃんと変化がはじまってるから、スイッチが入ったらオセロのように一気に裏返って大きく動き出すことを信じてます。
そうなるのもやっぱりこの日本からなんだろうなと思う。
それはけして、日本人だけが優れた民族だからではない。
その中心を見つめ、ブレないでいよう。




なぜこの日本列島が世界の雛形となってるのか。
四つのプレートがひしめき合い、地震大国で火山列島のこの大地に、世界四大文明よりはるかに早くムーやレムリアの流れをくむ縄文文明が花開いた。
四大文明から弥生に始まる、数千年の戦争社会を終わらせるカギを握ってるのはいったいだれなのか。
人間だけでなく他の生命を犠牲にしながら繁栄することは文明と呼べるのか。
このような現代社会の中で何もしないのは滅亡の道に加担しているも同然で、その数が多いほど残された時間も短くなる。
搾取で成り立つ物質文明をこの日本が徹底的に経験することでしか新たな次元を啓くことができないのか。
あらゆる天災と、戦争や原発事故の人災は分けて考えないといけない。
天災は人間の波動に影響すれどコントロールすることはできない。
人災は人間次第で今すぐにでも無くすことができる。
被災した地域の人々の行いが悪かったから天罰がくだったのではない。
むしろ被災した人々は選ばれた人たち。
カミさまは裁くことなく、時と場所も選ばない。
何時何処で天災となるかわからず、被災しなかった人たちがいかに当事者となって助け合うかが試されている。
戦争や原発事故は、その助け合いも出来ないほど徹底的に破壊する。
この星は、お互いが助け合ってでしか生きていけないようにできてるのだから。




宇宙の中心で絶えず変わることなくくり返される循環の世界と、それを維持するために絶えず変化しうごめいている外側の世界。
その秩序こそ変えてはならない。
わたしがこれまで暦を刻み、地震や台風や太陽フレアを書きとどめ、神社を巡りつづけているのはどれも同じことのように感じているからです。





切断される映画『美しき緑の星』とは

映画『美しき緑の星』


コリーヌ・セロー監督作品
1996年フランス/90分




かつては、こちらの日本語版公式サイトで無料公開してたそうです。

美しき緑の星・日本語字幕版(残念ながら現在は観れません)
http://belleverte.net/ja.html




意識を目覚めさせたくない人は観ないで下さい。
なぜこのフランス映画はEUで発売禁止になったのか?

YouTubeに何度UPしても削除されるようになり、今ではネット上のどこを探しても無いという曰く付きの映画。
そこで、中山康直さんがコリーヌ監督と交渉して自主上映で観れるようになったということのようです。

▶ <切断>される映画「美しき緑の星」中山康直
https://www.youtube.com/watch?v=zJMfC1gaWi8

▶ 「美しき緑の星」上映後トーク中山康直@沖縄
https://www.youtube.com/watch?v=Vo15NjlPUOA

▶ 【2015.04.26】中山康直講演会@沖縄
https://www.youtube.com/watch?v=d_-GNevMtjw


ぜひ観たいという方は、仲間を集めて自主上映イベントを企画されてみてはいかがでしょうか?
って、自分も名乗り出てみようかな?


あらすじ

この美しき緑の星では貨幣制度がとっくにありません。
自分の得意で好きなことをそれぞれがして共存共生し、みんなが平和に豊かに暮らしています。
彼らの惑星では 地球は本当に危険で野蛮な原始的な星なので、誰も行きたがらない。
そんななか、主人公の女性宇宙人が名乗りあげます。

わたし行ってもいいわよ!


予告編(1分47秒)

▶ La Belle Verte
https://www.youtube.com/watch?v=08cPhbRjvxY


作品紹介

誰もが協調のうちに暮らし、みんなが幸福で互いに助け合い、何でも分かち合い、お金の必要がなく、自然と共に暮らす世界があったとしたら……そんなの、ありえない?

「美しき緑の星」は他に類を見ないフランス映画です。メディア経営者らの手によってEU内では事実上の発禁状態にされているのです。マイナーなチャンネルで深夜に放送されたことが2回ほどあるのを除けば、1996年以来テレビで放映されたことはありません。ヴァンサン・ランドンやコリーヌ・セローなど有名な俳優が出演しているにもかかわらず、探しても、なかなか見つからないのは、そのためでした。これは世界中の人々に大きな目覚めを呼び起こす映画です。昔から本当のことを隠しておくのは難しいものですが、ちょうどそんなふうに、みなさんも本当のことを知るに至ったというわけです。

どなたにも楽しんでいただける作品です。




監督の言葉

世の中の仕組みを根底から問い直すクレイジーな映画を撮ってみたいと思いました。それで長い時間をかけて考証を行ったのです。無駄になったシーンやアイデアを書き留めたノートが何冊にもなりました。次から次へと疑問が生じたのですが、そのすべてに答えが得られたわけではありません。そうして、風にそよぐ木々に見守られながら、台本の執筆に取りかかったのでした。

完成した台本を見た人たちの反応は実にさまざまでした。このプロジェクトの資金援助には乗り気でない人たちが何人もいるとプロデューサーのアラン・サルドが言います。「本当にこの映画を撮るつもりですか?」と彼が言うので、私は熱を込めて「もちろんです」と答えました。

かくして映画は封切られたのですが、完全な失敗でした。誰も興味を示さなかったのです。客が入らず、批評家からは酷評されました。業界にとって、この作品は理解不能のUFOだったのです。しかし、この映画は死にませんでした。こうした逆風にもかかわらず「美しき緑の星」は生き残り、生き物のように成長し、人の話題となったのです。この映画が必要とされているからでした。この映画が世の中に発するメッセージのためだったのです。一緒に映画を見て語り合う「美しき緑の星」クラブのサイトが、いくつもインターネットに見られるようになりました。

私は早すぎたのでしょうか? この映画のように価値観を根底から問い直すことで世の中を変えることが必要な、ぎりぎりの瀬戸際まで私たちは来ているのかもしれません。






参考リンク

Ceron.jp - 美しき緑の星・日本語字幕版
http://ceron.jp/url/belleverte.net/ja.html





2011年06月11日のつぶやき(1/2) 〜雨で放射性物質が降下する日にオーストリア(ZAMG)の拡散予測が消えた

2011年06月11日(土) 11/28 tweets

2011年06月11日のつぶやき(2/2) 〜月は3回まわって地球が90度進んだ611の日に
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=8261





宇宙天気ニュース http://swnews.jp/ 太陽風に小規模の乱れがやって来ました。7日のCMEの影響はこの後です。(2011/ 6/10 11:52 更新)→ ★太陽風×磁気嵐=台風3号??? 大きめの地震にもご注意を!!!
posted at 01:18:08


本日、6月11日。あれからちょうど3ヶ月が経ちました。暦では、太陽黄経が80°となる入梅です。日本独自の暦、雑節で本格的な梅雨になることを示しています。台風による影響で前線が刺激され、大雨の浄化が強まることでしょう。
posted at 01:25:45


昨夜まで見れていたオーストリア(ZAMG)の拡散予測 http://www.zamg.ac.at/wetter/fukushima/ 気づいたら10日の昼には見れなくなっていました。サイトは残ってますが予測画面が消えたまま… http://twitpic.com/59mdmf
posted at 01:44:16


もういつ無くなるかという状態でしたので、データを毎日保存しといてよかった。オーストリア気象局(ZAMG)の最終拡散予測【2011/06/08 00:00 - 2011/06/11 00:00 UTC】※日本時間はUTC+9時間 http://twitpic.com/59miag
posted at 01:54:09


ちなみに、山本堪氏の日本語訳のサイトも昨夜の予測データのまま止まってます。→ オーストリア気象庁(ZAMG)による放射性物質拡散シミュレーション http://www.witheyesclosed.net/post/4641796281/zamg
posted at 01:59:04


時間の問題ですが、残るはドイツのみ! ドイツ気象局(DWD) http://bit.ly/igAQmk 最新拡散予測【2011/06/10 00:00 - 2011/06/13 00:00 UTC】※日本時間はUTC+9時間で http://twitpic.com/59mru7
posted at 02:14:39


[musublog] 2011年06月10日のつぶやき 〜沖縄ではスーマンボースが明け台風3号が生まれた日に http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=8244
posted at 02:39:54





今日は雨による放射能の降下にもご注意ください。
posted at 09:30:48





10日から降りはじめた雨。環境省発表による環境放射線モニタリングデータと降水量の比較グラフをご覧ください。 http://bit.ly/lJfii2 http://twitpic.com/59uvbq
posted at 13:20:36


宇宙天気ニュース http://swnews.jp/ 太陽風は400km/秒台で穏やかです。CMEの影響は小さな変化でした。(2011/ 6/11 10:07 更新)
posted at 13:26:01





放射能は三陸沖から北海道へ拡散 ドイツ気象局12、13日予測(ZAKZAK) http://t.co/TOwjcNt ドイツ気象局による12日午後3時から13日午後3時の放射性物質の拡散濃度予測によると、放射性物質は東北地方の太平洋沿岸から三陸沖の太平洋、北海道にかけて広がる…
posted at 21:07:30






*追記(2011/06/12 02:23)

拡散予測の関連記事リンク
2011年04月04日「こころある人たちに…(追記あり)」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=7023
2011年04月14日「こころある人たちに…(続報)」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=7216
2011年05月04日「放射性物質拡散予測は6~7日に注意! ~SPEEDI(スピーディ)は後の祭り」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=7561
2011年05月18日「ノルウェーの放射能拡散予測が中止した理由とは」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=7794
2011年05月20日「22日から23日はご注意を! ~ノルウェーから台湾の放射性物質拡散予測へ」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=7823
2011年05月21日「ドイツの拡散予測更新 ~台湾同様23日はご注意ください!」
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=7842
2011年05月24日のつぶやき(前半) ~26日前後も要注意!独・英・台の拡散予測比較
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=7908
2011年06月04日のつぶやき(1/3) ~イギリス(WeatherOnline)の拡散予測が止まったままに
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=8112
2011年06月04日のつぶやき(3/3) ~続報!オーストリア気象局(ZAMG)の拡散予測
http://www.musublog.jp/blog/fuhgetsu/?entry_id=8118