THE EARTH CAMP BLOG

プロフィール
earth camp アースキャンプさん
THE EARTH CAMP presents
〜新月の宴〜

2016.10. 1 - 2(土・日)

@outdoor style AMIDA
(郡上白鳥)
岐阜県郡上市白鳥町前谷1080-1

未来のために本気で遊ぶ究極の2日間!

HP: http://www.earth-camp.com/
FB: https://www.facebook.com/EarthCampGujo
Twitter: @TheEarthCamp

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1132671
Today:435
Yesterday:262
郡上宝暦義民太鼓 【2016 アーティスト】
 
「郡上宝暦義民太鼓」

「白鳥おどりの前に義民太鼓がないと!」という、白鳥出身の実行委員の一声から急遽お声掛け、心良くご出演を受けてくださいました!!
郡上を語るうえで欠かせない“郡上一揆”の物語を太鼓とともに。。。
奥深い郡上の歴史を感じていただけたらと思います。






【宝暦義民太鼓とは・・・】
郡上藩宝暦騒動の発端から農民の勝利までを、農民決起・傘連判状太鼓/直訴太鼓/歩岐島騒動・乱闘太鼓/天下泰平・踊り太鼓の4場面で構成し、勇壮な太鼓の響きに合わせ、掛け声も勇ましく鬼気迫る演技をします。

郡上一揆とも呼ばれる郡上藩宝暦騒動は、郡上金森藩(郡上郡と越前国大野郡の一部)での年貢の税率の引き上げが発端となり引き起こされました。
年貢の税率の引き上げに反対した農民たちは、死罪覚悟で江戸藩邸にまで訴えにいったり登城途中の老中の駕籠を止め直訴したりしました。
しかしそれも功を奏さず、やむなく江戸評定所の「目安箱」に訴状を入れます。
その結果,老中はじめ幕府指導者数人が免職となっただけでなく、金森藩主はとりつぶしとなりました。
江戸時代におきた多くの一揆の形態のなかでも藩主だけでなく幕府要人まで裁きが及んだのは郡上の一揆だけでした。

この一揆で犠牲になった人々は、宝暦義民として今も郡上の土地と人々の心の中で生き続け、宝暦義民太鼓は毎年10月に郡上市白鳥町で開催される「ふるさとしろとり夢祭り」で披露されるほか、海外での公演も行うなど今では有名な太鼓となっています。






トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=54378
カレンダー
<< 06 月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最近の記事
フォトアーカイブ
郡上宝暦義民太鼓
ありがとうございました☆
Grand Canyon 【2016 アーティスト】
郡上逸品 【2016 ショップ】
cafe eBANATAw 【2016 ショップ】
満開堂 【2016 ショップ】
ぬくもりのたね 【2016 ショップ】
あんしん市場 【2016 ショップ】
Tharat  (タラート) 【2016 ショップ】
明宝ハム 【2016 ショップ】