THE EARTH CAMP BLOG

プロフィール
earth camp アースキャンプさん
THE EARTH CAMP presents
〜新月の宴〜

2016.10. 1 - 2(土・日)

@outdoor style AMIDA
(郡上白鳥)
岐阜県郡上市白鳥町前谷1080-1

未来のために本気で遊ぶ究極の2日間!

HP: http://www.earth-camp.com/
FB: https://www.facebook.com/EarthCampGujo
Twitter: @TheEarthCamp

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1158378
Today:845
Yesterday:451
| 1 | 2 | 最初 | next>>
Grand Canyon 【2016 アーティスト】


「Grand Canyon」

2011年 郡上でTaki(selector)、Ryo(mc)で結成 。
2014年 Ricky(mc)が加入し地元郡上を中心に
岐阜エリアで活動するReggae Sound。

かゆいところに手が届く選曲とユーモラスなMCで、
絶妙に空気が読めるSound crewとして
郡上には欠かせない存在となりつつある。


タグ: Grand Canyon
白鳥踊り 【2016 アーティスト】

「白鳥踊り保存会」

今年のアースキャンプは白鳥町での開催なので、郡上踊りのルーツとも言える“白鳥踊り”を皆さんと楽しみたいと思います!
踊り講習もしていただけるので、初めての方も是非一緒に踊りましょう♪






【白鳥踊りの歴史・由来】
清流長良川の最上流に位置する白鳥町(岐阜県郡上市)は、その昔、富士山、立山と並ぶ三名山の一つ、白山への信仰の東海側の拠点「美濃馬場」として、登拝者は「山に千人」「麓に千人」といわれるほどにぎわいました。

郡上の盆踊りは、念仏踊りや風流踊りを源流としながら、白山民謡文化圏において、白山信仰との関わりの中で成立したと考えられます。

白山中宮長滝寺や石徹白の白山中居神社には、様々な修行者、登拝者たちが往来し、彼らが伝えた念仏踊りや歌念仏と白山を誉めるショウガ(唱歌)が結合して、白鳥おどりの中で最も古い「場所踊り」になったと思われます。

享保8年(1723年)の長滝寺経聞坊「留記」7月9日の記事に「盆中お宮にて踊り申す事、奉行より停止の書状到来」という白山中宮長滝寺における盆踊り停止命令があり、この記事により逆にそれまで境内での盆踊りが慣習となっていたことがわかります。

江戸中期以降の諸資料には、白山中宮長滝寺をはじめ、郡上保筋の寺社境内において、盆踊りが毎年行われ、近郷からも踊りに往来していたことが記されています。
盆踊りの内容・種目については、資料がなく不明ですが、おそらく「場所踊り」を基本とし、越前及び荘川方面等から伝わった白山民謡文化圏の種目が踊られていたと推察されます。





江戸中期以来昭和前期まで、郡上の盆踊りは拝殿踊りとして続きました。
神社の拝殿の中央には悪霊除けの花笠に由来する切子灯籠が吊り下げられ、美声自慢の若者たちが音頭を取り合い、板敷きの拝殿の床で下駄の音を鳴り響かせ、近所の若い衆も往来し、輪をつくって踊りました。

明治維新(1868年)後、政府が推し進めた急速な欧米化政策は、盆踊りや村芝居等の民俗的風習を否定するものであり、これを受けて岐阜県は明治7年(1874年)盆踊り禁止の布達を出しました。
このような禁令にもかかわらず、盆踊りは廃絶することなく細々と受け継がれました。
大正末期に伝統芸能の復活の機運が高まると、白鳥町でも盆踊り保存と伝承の動きが出ましたが、満州事変から太平洋戦争と戦争が激化するなかで消えていきました。

戦後、各地で盆踊りの復活の機運が高まると、昭和22年(1947年)「白鳥踊り保存会」が設立され、白鳥神社などで拝殿踊りとして踊り継がれてきた白山民謡文化圏の多くの踊りの種目の中から、代表的ないくつかの踊り種目を選んで「白鳥おどり」として整備しました。





昭和30年代に入ると、白鳥町はこの踊りを観光に生かそうと考え、切子灯籠を街頭に吊るし、笛、太鼓、三味線などの鳴り物を入れて、踊り屋台を囲んで、街頭で踊るようになりました。

神社での拝殿踊りの伝統を生かした白鳥おどりは、同じ郡上の盆踊りでも八幡町の郡上おどりとは異なる特色をもち、「神代(ドッコイサ)」「世栄(エッサッサ)」などのテンポの速い、活動的な踊りは、若者をはじめ多くの人々に愛好されています。

一方、拝殿踊りの古い姿を保存伝承するために「白鳥拝殿踊り保存会」が組織され、毎年8月17日白鳥神社及び8月20日野添貴船神社において、楽器、太鼓を伴わない本来の拝殿おどりが催されます。
「白鳥の拝殿踊り」は、平成13年(2001年)岐阜県重要無形民俗文化財に指定され、次いで平成15年には国選択無形民俗文化財に選ばれました。

白鳥おどりは、全国的な民謡ブームに乗って年々盛大になり、踊りの回数も増え、昭和40年代からは、期間も7月下旬から8月下旬までになり、特にお盆の3日間は、徹夜で踊られます。
奥美濃しろとりの夏の風物詩として、そして後世に保存伝承すべき貴重な民俗芸能として踊り継がれているのです。

 

タグ: 白鳥踊り
郡上宝暦義民太鼓 【2016 アーティスト】
 
「郡上宝暦義民太鼓」

「白鳥おどりの前に義民太鼓がないと!」という、白鳥出身の実行委員の一声から急遽お声掛け、心良くご出演を受けてくださいました!!
郡上を語るうえで欠かせない“郡上一揆”の物語を太鼓とともに。。。
奥深い郡上の歴史を感じていただけたらと思います。






【宝暦義民太鼓とは・・・】
郡上藩宝暦騒動の発端から農民の勝利までを、農民決起・傘連判状太鼓/直訴太鼓/歩岐島騒動・乱闘太鼓/天下泰平・踊り太鼓の4場面で構成し、勇壮な太鼓の響きに合わせ、掛け声も勇ましく鬼気迫る演技をします。

郡上一揆とも呼ばれる郡上藩宝暦騒動は、郡上金森藩(郡上郡と越前国大野郡の一部)での年貢の税率の引き上げが発端となり引き起こされました。
年貢の税率の引き上げに反対した農民たちは、死罪覚悟で江戸藩邸にまで訴えにいったり登城途中の老中の駕籠を止め直訴したりしました。
しかしそれも功を奏さず、やむなく江戸評定所の「目安箱」に訴状を入れます。
その結果,老中はじめ幕府指導者数人が免職となっただけでなく、金森藩主はとりつぶしとなりました。
江戸時代におきた多くの一揆の形態のなかでも藩主だけでなく幕府要人まで裁きが及んだのは郡上の一揆だけでした。

この一揆で犠牲になった人々は、宝暦義民として今も郡上の土地と人々の心の中で生き続け、宝暦義民太鼓は毎年10月に郡上市白鳥町で開催される「ふるさとしろとり夢祭り」で披露されるほか、海外での公演も行うなど今では有名な太鼓となっています。






ALKDO 【2016 アーティスト】

「ALKDO/アルコド」
(TURTLE ISLAND acoustic)

昨年に続き出演決定!
毎年アースキャンプ以外でも郡上にてライブをしている他、彼らが主催する “橋の下世界音楽祭” に今年は郡上踊り(八幡お囃子クラブ)が出演したりと、郡上との文化交流もしばしば。
パワフルなパフォーマンスはここ白鳥の地にピッタリの予感!






【プロフィール】
永山愛樹 … 唄、ギター、大三弦
竹舞 … 唄、太鼓、ウクレレ、鳴り物

愛知は三河を拠点に国内外で活動する楽隊 TURTLE ISLANDの Vo 永山愛樹と竹舞による、アコースティック最小編成。
パンクから民謡まで雑多に取り込み吐き出すネオモンゴロイド八百万サウンド。
アルコドはハングルで剥き出しの亀島(TURTLE ISLAND)の意。
タートルアイランドの楽曲のアコースティックバージョンやその他、日本、韓国など各国の民謡など独自に唄っている。






Photo:THE EARTH CAMP 2014(TURTLE ISLAND)



タグ: ALKDO TURTLE ISLAND
a-fank syndicate 【2016 アーティスト】


「a-fank syndicate」

愛知を代表する Jam Band “a-fank syndicate” 
今年も出演決定です!

今年7月に通算三作目となるアルバム、その名も「A-FANK SYNDICATE」をCD、LPでリリースされました!

a-fankの奏でる成熟された素晴らしい音の世界に是非酔いしれてみて下さい♪♪



Photo:THE EARTH CAMP 2014



【プロフィール】
愛知県をベースとして、世界に目を向け活動を続けるa-fank syndicate。
数々のメンバーチェンジを経て、そのサウンドを熟成させながら、ツインギター、ベース、ドラム、鍵盤(オルガン、PF)となる。

97年 Aki、Nobu、Eijiでa-fank syndicateを結成。
名古屋の老舗ライブハウスTHE BOTTOMLINEでBIGFROG(日本屈指のJAMBAND)のオープニングアクトを務める。
その後 Naka、Kazuが加わる。
2003年「HOME MADE JAM」オムニバスアルバムをリリース。
初のジャパンツアーを決行!
2006年からはTHE BOTTOMLINEで「PLANET JAM」というパーティーを企画し、中部地方のジャムを中心とするフリーマインドな音楽を広める。
2007年には初のスタジオアルバム「JOYFUL SLOW LAND」を、2010年には2ndアルバム「ROOTS OF THE REVENGE」を L.O.P Recordsからリリース。
そして2016年7月1日に3rdアルバム『A-FANK SYNDICATE』をアナログ、CD、でリリース。 

中部エリアの春フェスとして名高いROCK ON THE ROCKで07年、08年と11年と13年に出演など、地元の東海地方のフェスティバルやホームでのワンマンライブを中心に関東、北陸、関西へのツアーやリキッドヘブンへの出演など精力的な東京でのライブに加え、初の東北ツアーやフジロックフェスティバル10(木道亭)、天空まつり、TOYOTA ROCK FESTIVAL、Earth campなどビッグフェスティバルへ出演し活動のエリアを広げている。

サウンドはキャラクターの異なるツインギターと鍵盤を中心に、耳に残るメロディアスなフレーズ、変幻自在なリズム、様々なスタイルの楽曲が絡み合い、Jam的要素の高いステージによる独自のサイケデリックな世界を構築し変化し続けている。

a-fank syndicate HP:http://afank.nobody.jp/ 





タグ: a-fank syndicate
BLANKA 【2016 アーティスト】 

「BLANKA」
 
空気の様な透明で軽やかなウタものから、ミニマルでカチカチな人力テクノ、時に空間歪むDUBBYなサウンドまで、変幻自在に織り混ざったDancemusicを奏でる。
EARTH CAMPの大切な1ピースである彼らは、今年も出演決定です!!!






【プロフィール】
愛知県三河地方で同じ中学校出身の同級生だったVocal 荒川太一、Guitar 内藤隼(pela)、Drums 伊澤寛之に Bass アンガスロフが加わり、2005年にBLANKAを結成。
Disco、New wave、Black、Electroなどをベースにグルーヴを強く意識したBANDとして活動。
気持ちのいい音や踊れる音に焦点を当て『音の時間旅行』をテーマにLIVEを展開。
常にFreeな気持ちを取り入れている為、原曲がLIVEによって変幻自在に変化していく事もしばしば。
人間が生活の中で生まれてくるリアルな感情をリズムとビートとメロディーに落とし込み独自の世界観を繰り広げるLife Music BAND。
どことなく哀愁を感じながら、心とカラダを踊らせる楽曲が好評を博し、大小様々なイベントや多国籍の人間が集まる場所からのオファーが数多くよせられ支持されている。
最近では、長野県こだまの森で行われた伝説のフリーパーティーHARBESTE CAMP '11や中部地区を代表するフェスの1つRock on the RockやTOYOTA ROCK FESTIVAL、THE EARTH CAMP、EXTORT CAMPなどに出演し活躍の場を広げている。









タグ: BLANKA ブランカ
かむあそうトライブス 【2016 アーティスト】


「かむあそうトライブス」

アースキャンプを象徴するアーティスト、かむあそうトライブスが今年も出演決定です!
岐阜の山あいでの最新のライフスタイル「かわったくらし」から生まれ出てきた名曲の数々に加え、その後の数々の旅を経て更なる成長を遂げた彼らが生み出した新たな名曲達が郡上の谷に響き渡ります。



Photo:THE EARTH CAMP 2014



【プロフィール】
2009年結成。
当初、美濃の山村(神渕村、上麻生等)に集まった百姓仲間による村おこしバンドだったが異色の存在として注目を集め、瞬く間に活動拠点は拡がり列島内外を駆け回る事に。

モダンワールドミュージック~ダブポップ~アコースティックレゲエ~ポエトリー~ロック~ジャム~、、、形容はし難いが各々の仕事に誇りを持ち山間地域に根をおろし生活する彼らのグルーヴはプロミュージシャンの持つ其れとはまた違う、独特のユルさと吸引力を持つ。

三宅洋平、山仁、奈良大介はじめ、多くの先鋭的音楽家達にカバーされた前作「のけもののけものとたわけもの」発表から3年5ヶ月を経て2014年7月1日に待望の2ndアルバム「MAXI FOUNDATION」(薪師財団)をリリース。

(タイトルの財団は架空の団体であるが薪の利用を呼びかけるコンセプトは大真面目であり、正しく火を使う生活は経済的かつ山間地の雇用問題とエネルギー問題を解決するとして政治家から貧困層まで幅広く注目されている。)

薪師ツアー2014として精力的にライブツアーをこなす。

そして2015年7月1日にその薪師ツアー2014を映像ドキュメンタリーDVDとして、かむあそう種薪珍道中をリリース。

激動の日本から、一つの答えを唄う彼らに背中を押され生活や幸せのベクトルをシフトさせた者の数知れない。

official site:http://www.milmil.cc/user/kamuasou/





Harmonica Creams 【2016 アーティスト】

「Harmonica Creams/ハモニカクリームズ」

アースキャンプ初登場!
日本発。新たな民族音楽バンド “ハモニカクリームズ”
とっても楽しみです♪






【プロフィール】
ケルトブルースバンド「ハモニカクリームズ」。
2012年、スペインで毎年開催される世界最大級の国際ケルト音楽祭にてアジア人史上初優勝。
翌年に再度招聘された同音楽祭では、10万人の観衆を前に大トリ出演を飾った。
会場を踊らせるパワフルでしなやかなバンドサウンドは、ケルトミュージック本場の欧州で驚きと喜びをもって迎えられ、今、スペイン・フランスを中心に注目を集めている。
パリ在住のハモニカ奏者、清野美土の感性によって提示された“ケルト音楽×電気ブルース”という民族音楽の新たな側面は、メンバーの3者各々が右へ左へとサウンドを自在に惹きつけ、強烈な螺旋グルーヴを巻き起こていく。

ファーストアルバム「触感の研究/Analyse De Toucher」(’11年)、そしてセカンドアルバム「in+out=sea/インナウトシー」(’12年)は日本のみならず欧州のTV、ラジオなどで広く取り上げられている。
ドラムに田中佑司をフューチャーした3rdアルバム「東京色香/tokyo live smokin’」が2013年12月に発表された。
日本では毎年夏から冬にかけて季節限定でライブ活動を行っている。


HP:http://harmonicacreams.com





DJ TOMI 【2016 アーティスト】

「DJ TOMI(HEARING-MEDICINE)
 
今年も郡上の音職人にアースキャンプの空間を多彩な音で彩っていただきます!





【プロフィール】
岐阜郡上の山奥にあるTOMI-ONEスタジオを拠点にコソコソ活動中。
東海エリアのクラブイベントから雪山で行われる公式大会まで幅広くサウンドをならし中です⭐︎
効きやすい選曲でジャンルの幅も広く、音楽が聞く薬になればと思いHEARING-MEDICINEという名で動いてます!





TOMI-ONE STUDIO
リハーサルスタジオ、音源制作、レコーディングスタジオ、チラシ制作、イベント音響などなど幅広く使えるようにゆっくり動いてます。
まだまだ未熟な部分が多々ありますので、つながった皆さんと共に成長できたらと思います。
つながりを大切に、その人その人にあった動きができるスタジオを目指しております。
宜しくお願いします。
お気軽にお問い合わせください。

-------------------info----------------------
DJ.TOMI(Hearing-Medicine)
TOMI-ONE STUDIO

web: http://hearing-medicine.com
e-mail: info@hearing-medicine.com






Hon-mono 【2016 アーティスト】

「Hon-mono」

昨年徳之島から郡上へ移住してきたTheMarshi!率いるHon-monoがアースキャンプに初登場!
hip hop等のクラブミュージックからの影響を基調としつつも、サイケデリックなjam要素も感じさせられる雑食性の高い彼らの音楽は正に本物。
期待大です!





【プロフィール】
Gt. MAHKUN/ Ba. The Marshi! / Dr. Ken

ROCK, DUB, REGGAE, BLUES, HOUSE,HIP-HOP等、ルーツミュージックから果ては、ストリート・クラブミュージックに影響を受けた三人。
根底あるのはビート、オールドスクールなドライ感。
彼らの感性を引き合わせた音楽こそが本物。

酒に酔う感覚の上で愉しむ。
ライブではアルコールとタバコが必須。






タグ: Hon-mono
| 1 | 2 | 最初 | next>>
カレンダー
<< 08 月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最近の記事
フォトアーカイブ
郡上宝暦義民太鼓
ありがとうございました☆
Grand Canyon 【2016 アーティスト】
郡上逸品 【2016 ショップ】
cafe eBANATAw 【2016 ショップ】
満開堂 【2016 ショップ】
ぬくもりのたね 【2016 ショップ】
あんしん市場 【2016 ショップ】
Tharat  (タラート) 【2016 ショップ】
明宝ハム 【2016 ショップ】