Supreme(シュプリーム): 服&ファッション小物

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:295
Today:1
Yesterday:0
「ニューヨークやロンドンのシュプリームの店で行列している人たちは


いま、ファッション界はシュプリームに覚醒しつつある。シュプリームはここ10年のあいだに、東京に、そしてロンドンとパリにそれぞれ1店舗をオープンし、ストリートシーンだけでなく、ハイ・ファッションのフロントローでも赤いボックスロゴよく見るようになった。

2017年秋冬シーズンに発表されたルイ・ヴィトンとのコラボレーションは、ファッション界を震撼させた。シュプリーム×ルイ・ヴィトンスーパーコピージェビアは、ルイ・ヴィトンのメンズクリエイティブディレクターだったキム・ジョーンズ(1月に発表された2018秋冬コレクションを最後に退任)とタッグを組み、赤いモノグラムにシュプリームのロゴが入ったスケートボード用のトランクケースやバックパック、バンダナ、手袋、シャツ、ジャケットなどのアイテムを発表した。

「ニューヨークやロンドンのシュプリームの店で行列している人たちは、じつに色々で、みんなハイ&ローを理解していて、頭がよくて知的で、しかもユーモアがある人たちです。彼らは自分が何を欲しいのかちゃんと分かっていて、しかもシュプリームに忠実なカスタマーです。どんなブランドでもいちばん欲しいのはそういう忠実なカスタマーです」

ルイ・ヴィトンとのコラボレーションは、ファンのみならず多くのファッション関係者にとっても、シュプリームというブランドの扉を開けるカギとなった。そして、新しい顧客たちは、シュプリームのビジネス戦略とスピード感、スキルといった圧倒的なパワーを目の当たりにした。

ボックスロゴのファンはセレブリティにも多い。パンツスタイルのシンプルなコーディネイトにTシャツを合わせたヴィクトリア・ベッカム。いまやファッションデザイナーとしても注目をあびるカニエもシュプリームの影響は大きいのでは!? ジャスティン・ビーバーからトラヴィス・スコットまでミュージシャンも愛用中。

シュプリームはスウェットやTシャツ、ハットを売っているだけではない。ハイ・ファッションブランドと同様に年2回のコレクションを発表している。まず、シーズン立ち上がり前にオンラインでルックブックをリリースし、毎週土曜日(日本の場合)には、オンラインショップおよび店舗で購入可能な商品を「投下」していく。ファンは固唾を飲んで、毎週何が「投下」=発売されるのかを楽しみにまつのである。

「たとえば、あるレザージャケットがあって、値段が1500ドルだったとします。 シュプリーム通販でも、それが値打ちがあることがわかれば、若い人たちはそれを高いとは思いません。そして、それだけの値打ちのあるものだったら、いますぐ買っておかないと、1カ月後には無くなってしまうぞ、と思ってほしいのです。僕が若かったころは、みんながそんな感覚を持っていました」

印刷された最高のロゴのブランド価値、ブランド再出現。

月14日のニューヨークポストのフロントページは、真中の最高の唯一の古典的な赤と白のロゴで空だった「ニューヨークポスト」CEOと出版社ジェシーAngeloは言いました。大胆な試みはニューヨークポストに人気の味を与えました-- 1ドル、それは牛の手でおよそ10回、40ドルまで上がりました、そして、多くは束で売られました。 シュプリーム (ブランド) - Wikipediaヨナ・ブロムウィッチ(ニューヨークポストの著者)は言いました:「比較的静かな8月の週末の後、ポストのラッシュはニュースと関係がありませんでした。」
NetizenはInstagramについてコメントした。最高でも、一部の人々が初めて新聞を買った理由になりました。グラードベンダー、18歳のホーカーは、彼の一日の旅のファッションメディアのカットを語った:彼は10ドルのための海外旅行者に新聞を販売し、ニュージャージーを回って朝を過ごした。しかし、彼も「親切に」いくつかの場所でコピーまたは2を残しました「誰かが本当に新聞を読みたいかもしれない」と彼は言った。
実際、8月16日は、2018年の秋にその新しいモデルを始めた日でした、そして、ニューヨークポストの露出は疑いなくマーケティングツールでした。しかし、今回は、より伝統的なイメージとより一貫した気質を持つ新聞を選びました。そして、それは再びマーケティング実行に慣れているファンを着実に刺激しました。ニューヨークポストは最高の訴えを予測したかもしれません、それで、それは1日の印刷ボリュームのその通常の200000のコピーにもう少し加えました、しかし、それはまだ需要が不足しました。
Angeloは、ニューヨークポストと最高が互いと対立していなかったと感じました。両方とも赤と白のデザインを持っていて、両方ともニューヨークで生まれました。そして、この協同につながったリンクです「我々はただ面白い何かをしたい」と彼女は言ったもちろん、我々が新しい読者を引きつけることができたならば、Instagramさえそれがニューヨークポストに集中するだけでよいでしょう。
タイムズ紙によると、最高裁は4月の終わりにニューヨークポストに連絡して、「独創的で、決して見られない考え」を求めて、新聞の5才の創造的な腕のポスト・スタジオが引き継いだことを求めました。
実は、ニューヨークポストはファッションブランドと協力するのは初めてではありません。中国系アメリカ人デザイナーアレクサンダー・ワンとニューヨーク・ポストは、彼のゴシップ・ページ(ページ6)の40回目の記念日を祝う1980年代の見出しと広告を特徴として、6ページの限られたシリーズを発表しました。今年の秋の新しいバージョンでは、新聞印刷されたセーターもあります。この「新聞ファッション」も、近年、オフホワイト、パリとSacaiで現れました。
あなたが最高の新しい秋の製品を見るならば、あなたはもはや「新聞」要素が奇妙であると思いません。以前は、最高のカヤック、箸やレンガは、見事なされており、この季節は、人体解剖学モデル、咽頭ローゼン、ナイロンウォームアップの宝物やはしごがあります。シュプリーム スーパーコピー奇怪な製品ポートフォリオでさえ、多くのファンはそれについて考えることができなくて、まだできるだけ早くそれを買うために、待ち行列をつけます。
最高の強いお金を吸う力は一つのことです、そして、このセンセーショナルな効果はニューヨークポストの変化から切り離されることができません。ファッションビジネスメディアのBOFは、出版社が2014年以降広告を取ろうとしていると報告しました。そして、今回はニューヨークタイムズは広告に対するミニマリストアプローチをしました。そして、ほとんど最高に「最高の特別な出力」でフロントページをマークすることによって

カレンダー
<< 02 月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最近の記事
フォトアーカイブ