今立のブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:1291
Today:2
Yesterday:2
オメガスピードマスターが彼の目を捕まえたとき

そして、オメガのブランディングの成功は、月面着陸を暗くするブーマーよりも多い。SpeedMasterのNASAの使用は同時に時計の品質の承認の強力なシールです。「彼らは時計がそれをテストすることができるように見えます、そして、正確さは本当のコレクターのために大規模な取引です」と、ロスが言います。「それは大きな要因だ。車のエンジンのように、あなたはそれがうまく動作してほしい、あなたはそれがうまく機能したい
しかし、時計の購入はしばしば彼らは技術的な能力として強力な話をする感情的です。センチメンタルで滴っているビンテージ腕時計は、ビンテージ市場で切望されます。オメガ_ブランド時計ロレックスのマーケティングは、例えば、彼らのクロノグラフをエスケープするために使用した戦争捕虜の偉業、またはその防水性の証拠としてロレックスを着ている間、イギリス海峡を横断した女性に依存します。
オメガは独自のノスタルジアを持っている。時計雑誌Fratelloの創始者であるロバート・ヤン・ブレーサーが大学にいたとき、彼は家の反対側に、オランダの西部の学校から家まで、そして彼のガールフレンドから車を往復することができるように車を続けた。しかし、オメガスピードマスターが彼の目を捕まえたとき、彼は時計購入と彼のコレクションの開始に資金を供給するために、車を売りました。「私は、それが価値があると感じました」と、彼は言います
今、Broerは“スピーディtuesdays”の創始者であり、人々がスピードマスターを掲示する週刊Instagramの機会です。初めはランダムだった-“私はちょうど私のspeedmasterの写真を撮ったと私はFacebookにそれを置く”と、“私は”キャプションのスピーディ火曜日として書きました。熱心に会うためのディナーやイベントがあります-“オメガ”は、法案の世話をします。当然、その腕時計はNASA宇宙飛行士が宇宙で時間を読むのをより簡単にするために特に設計された1978年の「SpeedmasterアラスカIII」モデルからインスピレーションをとります。
彼が若い頃、彼の父の手首に時計ブランドを見た後に、ブレーザーはオメガと恋に落ちました。父は歴史を知っていて、彼の息子に寓話のようにそれを渡したので、1を買いました。月着陸が始まったとき、彼らはテレビを見ていました、そして、多くの人々のために、それは宇宙飛行士である夢です。「ある人にとってスーパーヒーローのようなものだ」
ニールアームストロングとアルドリンが月の表面に行って、安全に太平洋に降り注ぐとき、彼らはキムKを赤面させる影響の量で、アメリカの英雄を即座に戴冠しました。「すべては、宇宙計画についてでした」と、ClooneyがAldrinでビデオの間言います。「我々は、スペース食物棒を食べました、そして、我々は唐を飲みました」。
オメガのようなブランドについては、達成だけではなく、スピードマスターに適用されます。NASAの承認は、任意の時計のテストボディよりも高い評価を提供することができます。ブランドはとても密接にアメリカーナのこの魔法のビットに密接にオメガカタログ全体の時計を販売するためにそれを使用することができます接続されます。それは最も成功したブランドによって展開される戦略です、しかし、オメガのレーザー焦点は助けます。「一人で縛られるために、ちょうど一人のスペースに、私はよりよいと思います」と、ロスが言います。オメガスーパーコピー「オメガを考えるとすぐにNASAと宇宙のことを考える。ロレックスを見るとき、あなたの頭には10000ものがあります
80年代では、オメガはほとんど最も有名な時計を中断した。一つのモデルは全体のブランドの特異な焦点ではありえません、そして、オメガは分岐するのに必要でした。「それは管理委員会と彼らについての議論でした。そして、2、3年後に、それを保つことに決めました」と、Aeschlimannが言いました。「それでさえ抵抗しました」Aeschlimannはそれに感謝しています。「オメガを表す歴史とそのデザインに関して、より多くの力がある1つの腕時計がありません」と、彼は言います。「それは、OmegasのOmegasです」と、スピードマスターはスペースと背中に得ることができました、しかし、より重要なことに、それは歴史を通して熱心に動くことができました。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=202967