人気のメンズファッションをお手頃な価格ブランド専門店のブログ

アーティスト火星に行くナイキクラフトシューズ
現代の物質万能と特製漠然とした依存注意そして高価名品の虚栄心について
"それは物質に過ぎない。そして何もない」という 本人の確固たるデザイン信念を
紙を利用したハンドクラフト作品を通じて 世界的に名声を得ているアーティストルイヴィトントム・サックス
デザインについてブランドの虚像を告発しながらも ブランド 服 レディース コピー最もブランドの価値を利用することを知っている賢い彼 出したナイキクラフト
NIKE CRAFT
彼ナイキとコラボを通じて披露 << Nike Mars >>シリーズのアップロードデザインが 2018年度10月にリリースした 2019年2月中旬から販売を始めた。
かなりの目と風雨のフワフワ距離環境でも 屈せず持ちこたえることができる力を与えるような設計である。
Nike Mars2.0バージョンと合体デザインである ナイキマスオーバーシューズは ナイロンとポリエステルを合成した宇宙の素材を使用したカバーリングがかぶっている
ユニークなデザインで バックルと文字列とストラップを利用して堅く締め付けることができるように設計されている。

1.宇宙服に使用される素材を使用した点 2. 2つの靴を一つ合体したユニークなデザイン 3.そして、トム・サックスとナイキのコラボローションを介して
誕生したクラフトデザインであるだけ
<>
様々な経路を介して販売店に天井敷地の価格帯を示しているが 定価は約200万ウォンはガビヤプゲふわりと跳び越える。
<< ルイヴィトンが直接説明するNike Mars Yard OvershoeのYouTube映像>>
<< ルイヴィトン、Nike Mars Yard overshoeをアンボクシングしたユーチューブの映像 トム・サックスがナイキマンシリーズを開始し
ハンドクラフト感をしっかりと見せ者のデザインを活用した ナイキのレッドボックスすら 所蔵価値があるほどクールです。
ルイヴィトンのイニシャルとNike Mars Yard Overshoeを何気なくフルリムチェを 利用淡泊に表現したが、 何気なく無心書いたものは絶対ない
賢いグラフィックは ナイキのクラフトという希少性を示すのに十分である。
火星に生きていくことは、どんな気持ちなのか 地球という星を火星から眺める気分はどんな気持ちなのか/ 遥かノスタルジアよう
漠然と懐かしい存在のように 火星に住んでいるの入植者たちは、そのマクマクハムをどのように和らげるか そんな火星人たちの心を少しでも感じて見ることができる
トム・サックスがデザインハンナイキークラッソフトシューズのデザインは、 ユニークである。
火星の砂漠のような色に最も目立つことができるホワイトカラーをメインに使用して バックルテープとジョイムセ、ストッパー装飾テープは切迫した状況にも目立つレッドカラーで
砂やほこり、泥を歩いても 自信を持って足跡のために しっかりと固定されたアウトソールは複雑ですが、丈夫で シンプルだがユニークである。
<< ルイヴィトンがデザインしたNike Mars Yard Overshoe >>
""トム・サックスのナイキマスヤードオーバーシューズ ""
1.マスヤード2.0この中に装着
2.アウターボディ素材 - ナイロンダイエネマ素材
3.人魚ボディ素材 - コスモツリーコートナイロン素材
4.ポリエステルストラップ
5.ナイロンストラップ
6.ポリエステルバックルとストッパー
7.アウトソール - スティックキーラバー
8.ミッドソール - TPU
新しい発想やアイデアと斬新な素材と 固体ストーリーテリングに これまで考えていなかっ寒気が詰まったナイキクラフトを作った
トム・サックス デザインがとして体積感があって 気軽にフィッティングする意欲が出ないが、 着丈ショットを探してみる あまり科していないようで、グリップ性も悪くない評が多かった。
ただ価格があまりにも邪悪するだけだ。
<< ルイヴィトンスーパーコピー服に紹介されたナイキマスオーバーシューズ履く方法>>
現在、中国ナイキのサイトで販売をしており、 中国タオバオの様々な販売が販売をしているが あまりにも驚きの価格のせいか、多くの販売量は見せていない。
それもそのはず 240万ウォンをフッ加える価格は邪悪である。
それにしてもナイキシューズではないか そう ナイキクラフトを作り出すトム・サックスも シンジュトだけのように連れ置きとデザインではありませなかっただろう。
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=176382