人気のメンズファッションをお手頃な価格ブランド専門店のブログ

破れグッチバッグブランド品修理
破れグッチバッグ修理革ドトデムた。
PVC素材のグッチのバッグです。よく見ることができるバッグ修理事例です。
千素材もそうPVC人工素材もそうだが、使用中、このように生地の毀損が生じます。
財布から特により多く見ることができる修理事例です。
では、なぜこのように生地が破れるか原因とどのように解決するかの写真で見るようにしている。
グッチクロスバックです。男性の方に人気が良いでしょう。一度使ったら末永く使用するバッグです。
それだけ耐久性も良いんです。
しかし、PVC素材でバッグだけでなく、財布もでも、このように折る部分に
毀損が急速に生じます。折りたたん使用する財布で、特に多く見られています。

このような損傷が生じる原因としては、どうしてもPVC素材の柔軟性が、他の素材よりも落ちるからだよ
ショルダーストラップの重さを力を受けて必要にどうしても柔軟性が落ちたら、耐久性にもたくさん弱くなるよね。
だからこのように折る部分を中心に毀損が生じんです。
このような部分を再度コメたりブトイルスはありません。全体的に毀損部位も大きくた。
モノこのまま毀損が見苦しくて使用が難しいのでしょう?
次に、目に見えないように覆うしかありません。この状態では、貼ったりする修理が不可能になるのでです。
放棄はNO!方法を探して見えないように修理をします。
上部枠をこのように革にぐるりと囲ま積み上げ修理をすることになります。
もうモムパンの毀損を防止することができるでしょんです。毀損が大きくはないでしょう。
そして見た目にも大きく厄介たりしないですよね?

しまおうとばかり思っていたグッチのバッグは、再利用可能ました〜
グッチで使われる濃い茶色の革を使用して違和感を軽減することが重要ですよね
今丈夫に補強になったので、数年間はびくともありませんね!
古くなって破れ毀損バッグも、このようにアイデアを出して
風変わりな方法でチューニングをして補強をして再利用できる場合があるという点!
トップクリーンブログの多くの名品バッグ修理事例で確認してくださいありがとうございます。

http://becomessdd.blog.jp/
シュプリームのバッグ古い皮交換修理〜名品バッグ修理

シュプリームバッグの持ち手の革との境界線の革の交換修理しました。下の隅にはレザーをドトデでした。

シュプリームバッグ修理作業です。
長年の使用で、革がたくさん古いました。
までも剥げ。状態が台無しですね。
染色をするにも、表面があまりにも多くの上海ではなく交換することが、よりすっきり完成度が良かったです。
今日シュプリームのバッグ修理の作業は合計四つです。
上部枠革交換
第二ハンドルレザー製作交換
革の状態が多く傷害ているので、
新しい健康な革の色合わせの枠革と金具革を交換します。
そして両側前後の角の部分は、摩擦によって生地の毀損が進んでいるため
第三に両側の角の革ドトデム作業が行われます。

前後続いて床をかぶせ革ドトデム修理を進めて。
第四の最後に+洗濯はサービスで作業していただきました。
同じバッグの他の感じ。
ハンドルショルダーストラップ新たに製作して交換しました。
革の色がほとんど合わせたし実の色と太さも合わせます。
そして、上部枠革も交換作業を介してすっきり修理なったんです。
きれいハジュ?
このようにバッグの革のハンドルやレザーの交換時に重要なのが
まさに革の色と革の組織が似なければならないという点です。
革の色も重要ですが、革の種類やレザーの柄結感じが異なる場合
違和感が生じたんですよ。この部分最大限均等ます。
糸の太さや色も重要です。

既存のとできるだけ同じ合わせなければ違和感が少ないですよね。
両側の角生地が毀損は、このように革をドトデムをして修理をします。
シュプリームショーポベクで最も多くする下端革ドトデムで。
もうこれ以上の生地が毀損されはしないだろう
革は色がまでも剥がれたら染色が可能なため、
復元が可能な部分であり、先に見た生地のカジムヘジム穴が生じるのは、
復元が不可能であるため、このように補完して使用すると、末永く使うことが好きです。