日本で一番人気のあるシュプリーム専門店のブログ

シュプリーム構成品としてポリバックとボックスで
Supreme シュプリーム キャンプキャップ ストリートブランドの帽子コーディ
スプリーム·キャンプキャップ 
ストリートブランド帽コーディ
おはようございます
今回レビューする製品はストリートブランドの"シュプリームキャンプキャップ"製品です。
SUPREMEは,1994年4月ニューヨークマンハッタンの中心街Lafayette通りから始まったブランドです。

シュプリムはニューヨークシティボード文化を中心として,ニューヨークの荒くて反抗的なボーダーとアーティストたちがSUPREMEのStorestaffと顧客,マニア層を形成し, 絶え間なく変わるニューヨーク中心街文化に不可欠な部分として成長しました。
シュプリームがダウンタウンの名物(あるいは慣例,慣習)に成長しながら,品質とスタイル,そして信頼としてブランドの価値を認められました。
SUPREMEのみの独特なアイデンティティーを保てるよう,わが時代最高のデザイナー,アーティスト,フォトグラファー,そしてミュージシャンたちと歴史を共にしています。
製品名:Supreme REFLECTIVE BOX LOGO CAMP CAP
品番:FW15H23
生上:ブラック
サイズ:FREE
価格:15000円
購買はオフライン編集ショップでしました。
以前にレビューしたシュプリームXチャンピオンフッド以後,2回目のSupremeレビューです。
構成品としてポリバックとボックスで,ステッカー,インボイスがあります。
明るい照明の下でディテールショットです。
一般的なキャンプキャップベースにSupremeの象徴であるボックスロゴの刺繍がデザインされています。
シュプリームボックスで,部分はリフレクティブ生地であり,光を反射させる素材です。
帽子サイズはストラップである程度調節できます。
綿の素材ですが,軽くてしわがうまくいく方です。
シュプリームの時流に便乗させるモデル
このごろになって多様なスプリンについてポスティングをしています。 そして,その中でも発売が予定されているエアマックスの多様なシリーズが可能であれば,全てを扱おうとしています。 これが,この作業を着実にこなしているうちに,確かに目に入るものの一つは,ナイキで現在どんなモデルを主力販売商品にしようとしているのか,大体気がつくということです。
したがって,よくいらっしゃる方々は自然にどんなモデルが流行なのかぐらいは易しく把握できると思います。 もちろん,すぐ上に言及したシュープリムで,現在どんなモデルを主力に押そうとしているのかも,感じがします。

それで今私の考えではしばらくシュプリームではエアマックスプラスをずっと発売しそうです。 何人かのカラーが発売され,今やエアーマックスプラスに関心を向けたことのないあの組織も,OGカラーだったことが思い出す最も代表的なOGカラーのsunsetカラーが発売される予定です。
実際,今回のナイキコリアのエネルギーウィークの時,買うか買わないか悩ませたのは,バスケットボールシューズやエアジョーダンではなく,"エアマックスプラスオールガム"カラーでした。

いくらスプリムパーに近いことをしていましたが,中学生のときから今まで主に履いていたのはバスケットシューズとエアジョーダンだったので,肝心のシュープリといえば思い浮かぶはずのエアマックス側は等閑視していました。 長年の記憶を思い出してみると,せいぜい学生時代の97マックスと03マックスを2,3回履いてみたのがすべてだったし,学生時代だったから着火感とクシャーニングに対する記憶がとても薄かったです。 それで今更一つずつ履いてみてる中なのでエアマックスプラスも履いてみようと思っているのです。エアマックスシリーズで一線を画したモデルとしては,エアマックス1(Air Max1),エアマックス90(Air Max90),エアマックス95(Air Max95),エアマックス97(Air Max97),エアマックス03(Air Max 2003)ほどがあります。 本当にたくさんの方の好きなモデルで今も相変わらず人気があります。