ぶつだんやの若旦那ブログ@藤井仏壇

プロフィール
創業安政二年 藤井仏壇さん
創業安政二年 藤井仏壇
岐阜県岐阜市末広町89
℡(058)263-0322
HP 
http://fujiibutsudan.com/
FACEBOOK
http://www.facebook.com/fjbutsudan


安政二年(1855年)初代源八は、彦根で井伊家の大工をつとめるかたわら仏壇を作り、天秤棒でかついで行商して歩いた。その頃、岐阜はまだ仏壇が少なく、しかも浄土宗、浄土真宗といった仏壇を大切にする宗派の信者が多い事を知った源八は、三十代で思い切って移住してきた。源八は、商売も上手だったがあくまでも職人だった。中途半端な妥協を許さずきっちりした仏壇を造っていたので評判だった。
二代目熊吉も父親ゆずりの器用さで益々立派な仏壇を造り、店は繁盛していった。
三代目源太郎は、親分肌で職人が三十人も集まり繁盛したが、明治二十四年の濃尾大震災で町も店も崩壊してしまった。だが「日頃のご恩返し」とばかりに職人たちが五日間で店を再建、町の人々は目を見張ったという。そんな三代目も借金を残し六十歳で世を去った。
四代目栄次郎は、その借金返済のため職人を半分に減らし、堅実に黙々と仕事に励んだ。
五代目栄次郎は家を継いだものの、戦争で二度も兵役を務め、戦後は材料、職人、買い手もなく苦労した。やっと朝鮮動乱の頃から軌道に乗り始め、六代目進に伝統ある仏壇職人の技と心を教えながら六十九歳で世を去った。
六代目藤井進は、そんな父親の苦労と温かい心を思いやりながら「私の店は老舗。伝統を生かした本物を後世に残したい。」という父親の言葉を噛みしめて仕事に励んでいる。
そして七代目になる予定の藤井進一は若旦那として日々修行の毎日を送っている。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:102507
Today:50
Yesterday:88
唐木のお仏壇のお洗濯(クリーニング)






唐木のお仏壇のお洗濯(クリーニング)をしています。唐木仏壇とは黒檀や紫檀など金箔を使っていない主に禅宗向けのお仏壇になります。

長年の埃やお線香の燻りなどの落ちにくい汚れを特殊液で分解して洗浄していきます。

この後、障子の紗の張替え、塗り、金粉、金紙張替え、組み立てなどの工程を経てお仏壇がきれいに復元されていきます。

お客様が長年愛用された大切なお仏壇をまた何十年と使っていただくことを想像しながら仕事をしていきたいと思います。


創業安政二年 藤井仏壇
岐阜市末広町89
058-263-0322
http://fujiibutsudan.com
↑お洗濯表あります
障子のクリーニングでこんなにキレイに!
障子のクリーニングでこんなにキレイに!





「仏壇をキレイにしたいけれどお洗濯は大変!」 

そんなお客様に障子のクリーニング(お洗濯)をおすすめします!

実は、障子はお仏壇の中でも一番先に目に付く場所です。

障子のクリーニング(お洗濯)でキレイの効果が感じられます。

法要の前にお仏壇をキレイにしたい方にもおすすめです。

<価格>
○ 紗の張替え+組子の洗浄のみ      ¥30,000(税抜き)
○ 障子本体洗浄+紗の張替え+組子の洗浄 ¥50,000(税抜き)

どうぞご検討ください。


創業安政二年 藤井仏壇(058)263-0322 岐阜県岐阜市末広町89
http://fujiibutsudan.com/


仏壇・仏具・洗濯・クリーニング・修理・金箔貼り・仏壇移動・引越し・仏壇処分・寺院用・注文品・位牌・彫り・仏像・線香・香・ローソク・数珠・印伝・朱印帳・は創業安政二年藤井仏壇へ
お洗濯
寺院様のお厨子をお洗濯しています。文字通り水を使うお洗濯(洗浄)

作業になるのですがここ最近気温があったかくていいですね~。

冬の冷たい水でお洗濯するのはなかなか大変ですから。

かと言って春でも冬でもお洗濯の質は変わりません。どうぞご心配なく。笑

こうして長年の埃や燻りを落としていくと奥に隠れていた本来のそのものの色に出会うことができます。

黒だと思っていたら全部金箔だったり、色とりどりの彩色だったりと静かな感動を覚えることがあります。

タグ: お洗濯