ぶつだんやの若旦那ブログ@藤井仏壇

プロフィール
創業安政二年 藤井仏壇さん
創業安政二年 藤井仏壇
岐阜県岐阜市末広町89
℡(058)263-0322
HP 
http://fujiibutsudan.com/
FACEBOOK
http://www.facebook.com/fjbutsudan


安政二年(1855年)初代源八は、彦根で井伊家の大工をつとめるかたわら仏壇を作り、天秤棒でかついで行商して歩いた。その頃、岐阜はまだ仏壇が少なく、しかも浄土宗、浄土真宗といった仏壇を大切にする宗派の信者が多い事を知った源八は、三十代で思い切って移住してきた。源八は、商売も上手だったがあくまでも職人だった。中途半端な妥協を許さずきっちりした仏壇を造っていたので評判だった。
二代目熊吉も父親ゆずりの器用さで益々立派な仏壇を造り、店は繁盛していった。
三代目源太郎は、親分肌で職人が三十人も集まり繁盛したが、明治二十四年の濃尾大震災で町も店も崩壊してしまった。だが「日頃のご恩返し」とばかりに職人たちが五日間で店を再建、町の人々は目を見張ったという。そんな三代目も借金を残し六十歳で世を去った。
四代目栄次郎は、その借金返済のため職人を半分に減らし、堅実に黙々と仕事に励んだ。
五代目栄次郎は家を継いだものの、戦争で二度も兵役を務め、戦後は材料、職人、買い手もなく苦労した。やっと朝鮮動乱の頃から軌道に乗り始め、六代目進に伝統ある仏壇職人の技と心を教えながら六十九歳で世を去った。
六代目藤井進は、そんな父親の苦労と温かい心を思いやりながら「私の店は老舗。伝統を生かした本物を後世に残したい。」という父親の言葉を噛みしめて仕事に励んでいる。
そして七代目になる予定の藤井進一は若旦那として日々修行の毎日を送っている。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:138250
Today:36
Yesterday:45
<<prev | 最新 | 4 | 5 | 6
黙々と金箔押し…
黙々と金箔押し…



今日は名古屋からのお客様が金箔体験にみえました。

チュニジア人の方もみえて仏壇の説明もさせて頂きました。

「感謝する事や信仰心はどこの国でも変わらないのですね」との感想を頂き、なるほどと思いました。

また、チュニジアには日本の数珠に似たような物もあるそうです。


創業安政二年 藤井仏壇 (058)263-0322 http://fujiibutsudan.com/
ミシガン大学の皆様が藤井仏壇へ金箔体験
experience gifu のツアーにてアメリカのミシガン大学の皆様が藤井仏壇の見学と金箔押しの体験に来られました。

「戒名は誰からもらうのか?」

「なぜ創業者はこの地に店を開いたのか?」

などの深い質問が出たりして日本人の宗教観に深く関心を持ってみえる様でした。

金箔押し体験ではみなさん真剣になって黙々とやってみえました。

そして最後に出来上がった個々の金箔作品を持って笑顔でパチリ!

皆様楽しんでいただけた様で何よりでした!

尚この時にテレビ東京の「youは何しに日本へ」の撮影クルーも一緒にみえましたのでもしかしたらこの様子が放送されるかもしれません。


お仏壇の説明をしています。深い質問も!


金箔体験が始まりました。みなさん真剣!


テレビ東京の「youは何しに日本へ」の撮影クルーが入りました。


自分の作品を持って笑顔でパチリ!みなさんお上手でした。


創業安政二年 藤井仏壇
岐阜県岐阜市末広町89
058-263-0322
http://fujiibutsudan.com/
手書きの領収書
先日お客様のお家へお邪魔させて頂いた時の事です。

そこで藤井仏壇が昔作成したという領収書を見せて頂きました。

薄い和紙に筆で書かれた全てが手書きの領収書。

お洗濯直し代、当時の金額、藤井仏壇の判子、当時のお客様の下の名前が記されています。

日付けはありましたが年は書かれていません。

こういう手書きの領収書を見たのは初めてかもしれません。年数はわかりませんが相当昔のものなのでしょう。

お仏壇を見るとなんとなく年数もわかる気がいたします。

こうして時を経て、代が変わったお客様からお仕事を頂く。ありがたい事です。

こうしたご縁がこの先も続いていく様にきちんとした仕事をしていきたいと思います。




藤井仏壇
http://fjbutsudan.web.fc2.com/
Experience Gifuの外国人向けのミニツアーが行われました
Experience Gifuの外国人向けのミニツアーが行われました。

Experience Gifu加盟店舗の陶器、湯葉、麩、醤油、和菓子屋、お寺、藤井仏壇を訪れ様々な見学や体験をされました。

藤井仏壇では仏壇の説明と金箔押し体験を楽しんでいただきました。

仏壇と外国人の方とは遠い気がいたしますが、そういった違った視点を通して仏壇屋の新たな価値や方向性を発見できたらと思います。

※Experience Gifuとは、外国人観光客を岐阜に呼ぼうというプロジェクトです。
http://experiencegifu.com/




永遠に枯れない花
いま寺院様の常花(じょうか)の修復をさせていただいております。常花とは「永遠に枯れない花」という意味があるそうです。蓮を形どった木で出来ていて塗りを施しその上に金箔を押し(貼り)ます。修復が完成するとピカピカの蓮の常花になります。今度お寺に行かれたときは一度本堂の常花に注目してみてはどうでしょうか。


創業安政二年 藤井仏壇
タグ: 常花 金箔 仏壇
左義長
本日1月17日はご近所の伊奈波神社さんの左義長の日です。旧年の神礼・お守・縁起物・正月飾りなどをお焚き上げし、無病息災を祈る神事です。子どもの頃よくここでお餅を焼いて食べた思い出があります。

 
パッチワークの印伝
こんにちは、藤井仏壇の藤居です。
 
みなさん印伝はご存知でしょうか?
鹿の革のに漆で模様を施した工芸品です。主に財布などの種類が多くあります。
従来から藤井仏壇でも印伝商品を取り扱っておりまして、店頭にない商品でも財布の形と革の色と模様の組み合わせをセミオーダーで注文していただけます。
 
そしてこのたび新商品としてパッチワークの印伝が入荷いたしました!
文字どおり異なった皮の色と漆の模様を縫い合わせた商品でございます。
実はこの革の組み合わせは決まった型がないので、それぞれが一点ものと言うことになります。
おしゃれなパッチワークの印伝、いかがでしょうか。
 
お財布  ¥8400(税込)


お財布 ¥6825(税込)
 

眼鏡ケース ¥8925(税込)
 
タグ: 印伝 藤井仏壇
鏡餅キャンドル
早いもので、今年もあと少しで新年を迎えることとなりました。
みなさん新年の準備はされてるでしょうか?
そこでオススメしたいのがこの商品、「鏡餅キャンドル」です!
なんとこの鏡餅、カビが生えません。お正月が過ぎて放おっておいても大丈夫です。ちょっとしたプレゼントにもオススメですよ。
税込¥525
創業安政二年の藤井佛檀です
<藤井佛檀の歴史>
安政二年(1855年)初代源八は、彦根で井伊家の大工をつとめるかたわら仏壇を作り、天秤棒でかついで行商して歩いた。その頃、岐阜はまだ仏壇が少なく、しかも浄土宗、浄土真宗といった仏壇を大切にする宗派の信者が多い事を知った源八は、三十代で思い切って移住してきた。源八は、商売も上手だったがあくまでも職人だった。中途半端な妥協を許さずきっちりした仏壇を造っていたので評判だった。

二代目熊吉も父親ゆずりの器用さで益々立派な仏壇を造り、店は繁盛していった。

三代目源太郎は、親分肌で職人が三十人も集まり繁盛したが、明治二十四年の濃尾大震災で町も店も崩壊してしまった。だが「日頃のご恩返し」とばかりに職人たちが五日間で店を再建、町の人々は目を見張ったという。そんな三代目も借金を残し六十歳で世を去った。

四代目栄次郎は、その借金返済のため職人を半分に減らし、堅実に黙々と仕事に励み、子供がいなかったので実妹の孫純一を養子に迎えた。

純一は、二十五歳で五代目栄次郎を名乗り家を継いだものの、戦争で二度も兵役を務め、戦後は材料、職人、買い手もなく苦労した。やっと朝鮮動乱の頃から軌道に乗り始め、六代目進に伝統ある仏壇職人の技と心を教えながら六十九歳で世を去った。

現在六代目藤井進は、そんな父親の苦労と温かい心を思いやりながら「私の店は老舗。伝統を生かした本物を後世に残したい。」という父親の言葉を噛みしめて仕事に励んでいる。


藤井佛檀
岐阜県岐阜市末広町89
℡(058)263-0322

HP   http://fjbutsudan.web.fc2.com
メール fj.butsudan@gmail.com







<<prev | 最新 | 4 | 5 | 6