ぶつだんやの若旦那ブログ@藤井仏壇

プロフィール
創業安政二年 藤井仏壇さん
創業安政二年 藤井仏壇
岐阜県岐阜市末広町89
℡(058)263-0322
HP 
http://fujiibutsudan.com/
FACEBOOK
http://www.facebook.com/fjbutsudan


安政二年(1855年)初代源八は、彦根で井伊家の大工をつとめるかたわら仏壇を作り、天秤棒でかついで行商して歩いた。その頃、岐阜はまだ仏壇が少なく、しかも浄土宗、浄土真宗といった仏壇を大切にする宗派の信者が多い事を知った源八は、三十代で思い切って移住してきた。源八は、商売も上手だったがあくまでも職人だった。中途半端な妥協を許さずきっちりした仏壇を造っていたので評判だった。
二代目熊吉も父親ゆずりの器用さで益々立派な仏壇を造り、店は繁盛していった。
三代目源太郎は、親分肌で職人が三十人も集まり繁盛したが、明治二十四年の濃尾大震災で町も店も崩壊してしまった。だが「日頃のご恩返し」とばかりに職人たちが五日間で店を再建、町の人々は目を見張ったという。そんな三代目も借金を残し六十歳で世を去った。
四代目栄次郎は、その借金返済のため職人を半分に減らし、堅実に黙々と仕事に励んだ。
五代目栄次郎は家を継いだものの、戦争で二度も兵役を務め、戦後は材料、職人、買い手もなく苦労した。やっと朝鮮動乱の頃から軌道に乗り始め、六代目進に伝統ある仏壇職人の技と心を教えながら六十九歳で世を去った。
六代目藤井進は、そんな父親の苦労と温かい心を思いやりながら「私の店は老舗。伝統を生かした本物を後世に残したい。」という父親の言葉を噛みしめて仕事に励んでいる。
そして七代目になる予定の藤井進一は若旦那として日々修行の毎日を送っている。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:112931
Today:17
Yesterday:15
<<prev | 最新 | 4 | 5 | 6
iPhoneケースに金箔を施してみました!


iPhoneケースに金箔を施してみました!

仏壇と同じ様に塗りを施して金箔押しをしました。

そして金箔を押しただけでは触ると剥げてしまうのでコーティングをして触っても大丈夫にしてあります。

今回割りとうまく仕上がったので、これを機にこれから色んな物に金箔を施してみて新たな企画に挑戦してみたいと思います☆
http://fjbutsudan.web.fc2.com
タグ: iphone 金箔
今日の金箔押し!
今日の金箔押し。
 
仏壇の内側の板(側板)を箔押しました。
 
三寸六分角の金箔を平面の板に押していきます。
 
箔押しの跡はマス目の様に残るので列がずれていかない様に気を付けます。
 
もちろんエアコンの風も駄目ですしくしゃみや鼻息が荒いのも駄目です。
 
また作業のスピードが遅いと接着液が乾いて初めの方と後の方では風合いが変わってしまいますので休まず一気に押していきます。
 
細やかな作業に見えますが、実は思いきりの良さの方が大事だったりします。
http://fjbutsudan.web.fc2.com

タグ: 金箔 仏壇
お洗濯でキレイキレイに!
仏壇のお洗濯をしています。

文字通り水を使っての洗浄作業です。

仏壇を解体して長年の燻りや汚れを落とします。

あまり時間をかけ過ぎると木が水を吸って変形する恐れがあるので手早くやる事が重要です。

http://fjbutsudan.web.fc2.com



タグ: 仏壇 洗濯
鏡餅キャンドル
早いもので、今年もあと少しで新年を迎えることとなりました。
みなさん新年の準備はされてるでしょうか?
そこでオススメしたいのがこの商品、「鏡餅キャンドル」です!
なんとこの鏡餅、カビが生えません。お正月が過ぎて放おっておいても大丈夫です。ちょっとしたプレゼントにもオススメですよ。
税込¥525
創業安政二年の藤井佛檀です
<藤井佛檀の歴史>
安政二年(1855年)初代源八は、彦根で井伊家の大工をつとめるかたわら仏壇を作り、天秤棒でかついで行商して歩いた。その頃、岐阜はまだ仏壇が少なく、しかも浄土宗、浄土真宗といった仏壇を大切にする宗派の信者が多い事を知った源八は、三十代で思い切って移住してきた。源八は、商売も上手だったがあくまでも職人だった。中途半端な妥協を許さずきっちりした仏壇を造っていたので評判だった。

二代目熊吉も父親ゆずりの器用さで益々立派な仏壇を造り、店は繁盛していった。

三代目源太郎は、親分肌で職人が三十人も集まり繁盛したが、明治二十四年の濃尾大震災で町も店も崩壊してしまった。だが「日頃のご恩返し」とばかりに職人たちが五日間で店を再建、町の人々は目を見張ったという。そんな三代目も借金を残し六十歳で世を去った。

四代目栄次郎は、その借金返済のため職人を半分に減らし、堅実に黙々と仕事に励み、子供がいなかったので実妹の孫純一を養子に迎えた。

純一は、二十五歳で五代目栄次郎を名乗り家を継いだものの、戦争で二度も兵役を務め、戦後は材料、職人、買い手もなく苦労した。やっと朝鮮動乱の頃から軌道に乗り始め、六代目進に伝統ある仏壇職人の技と心を教えながら六十九歳で世を去った。

現在六代目藤井進は、そんな父親の苦労と温かい心を思いやりながら「私の店は老舗。伝統を生かした本物を後世に残したい。」という父親の言葉を噛みしめて仕事に励んでいる。


藤井佛檀
岐阜県岐阜市末広町89
℡(058)263-0322

HP   http://fjbutsudan.web.fc2.com
メール fj.butsudan@gmail.com







<<prev | 最新 | 4 | 5 | 6