ぶつだんやの若旦那ブログ@藤井仏壇

プロフィール
創業安政二年 藤井仏壇さん
創業安政二年 藤井仏壇
岐阜県岐阜市末広町89
℡(058)263-0322
HP 
http://fjbutsudan.web.fc2.com
FACEBOOK
http://www.facebook.com/fjbutsudan


安政二年(1855年)初代源八は、彦根で井伊家の大工をつとめるかたわら仏壇を作り、天秤棒でかついで行商して歩いた。その頃、岐阜はまだ仏壇が少なく、しかも浄土宗、浄土真宗といった仏壇を大切にする宗派の信者が多い事を知った源八は、三十代で思い切って移住してきた。源八は、商売も上手だったがあくまでも職人だった。中途半端な妥協を許さずきっちりした仏壇を造っていたので評判だった。
二代目熊吉も父親ゆずりの器用さで益々立派な仏壇を造り、店は繁盛していった。
三代目源太郎は、親分肌で職人が三十人も集まり繁盛したが、明治二十四年の濃尾大震災で町も店も崩壊してしまった。だが「日頃のご恩返し」とばかりに職人たちが五日間で店を再建、町の人々は目を見張ったという。そんな三代目も借金を残し六十歳で世を去った。
四代目栄次郎は、その借金返済のため職人を半分に減らし、堅実に黙々と仕事に励んだ。
五代目栄次郎は家を継いだものの、戦争で二度も兵役を務め、戦後は材料、職人、買い手もなく苦労した。やっと朝鮮動乱の頃から軌道に乗り始め、六代目進に伝統ある仏壇職人の技と心を教えながら六十九歳で世を去った。
六代目藤井進は、そんな父親の苦労と温かい心を思いやりながら「私の店は老舗。伝統を生かした本物を後世に残したい。」という父親の言葉を噛みしめて仕事に励んでいる。
そして七代目になる予定の藤井進一は若旦那として日々修行の毎日を送っている。

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:83647
Today:39
Yesterday:36
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 最初 | next>>
緑青
緑青。ろくしょうと読みます。

銅や銅合金が酸化してできた青緑色の錆のことです。

有名なところではニューヨークの自由の女神や、鎌倉大仏のあおみどり色も緑青現象によるものだそうです。

緑青は錆ではありますが銅の表面に皮膜を作り内部の腐食を防ぐ効果や抗菌力があるそうです。

お仏壇に使われているお仏具や飾り金具や釘なども銅合金である真鍮が使われています。

真鍮のお仏具は何十年ごとのお洗濯の際にもお磨きやメッキや色付けなどしてまた何年もお使い頂けます。

真鍮は金に近い色という意味でも用いられてきたと思われます。

何十年、あるいは代をまたいで引き継がれていくお仏壇ですから使われている材質にも意味があるのだと思います。



創業安政二年藤井仏壇 http://fjbutsudan.web.fc2.com/
岐阜県岐阜市末広町89
本日、年一度の御開帳
本日、美江寺観音様にて年に一度の御開帳が行われています。

御本尊の十一面観世音菩薩で平安時代後期に制作された貴重な御仏像が拝観できます。

市の重要文化財にも指定されており像高180cmで当初の状態をほぼ保っているそうです。

そしてさらに最近発見された円空仏も同時に特別公開されています。

台座の長い独特の造形の円空仏は珍しく貴重だそうです。

年に一度のこの機会に一度拝観されてみてはどうでしょうか?

開帳時間は午前9時から午後5時まで、拝観料は無料との事です。
http://mieji.jp/%E5%9B%9B%E6%9C%88%E5%8D%81%E5%85%AB%E6%97%A5%E3%80%80%E5%8D%81%E4%B8%80%E9%9D%A2%E8%A6%B3%E4%B8%96%E9%9F%B3%E8%8F%A9%E8%96%A9%E5%BE%A1%E9%96%8B%E5%B8%B3/



手書きの領収書
先日お客様のお家へお邪魔させて頂いた時の事です。

そこで藤井仏壇が昔作成したという領収書を見せて頂きました。

薄い和紙に筆で書かれた全てが手書きの領収書。

お洗濯直し代、当時の金額、藤井仏壇の判子、当時のお客様の下の名前が記されています。

日付けはありましたが年は書かれていません。

こういう手書きの領収書を見たのは初めてかもしれません。年数はわかりませんが相当昔のものなのでしょう。

お仏壇を見るとなんとなく年数もわかる気がいたします。

こうして時を経て、代が変わったお客様からお仕事を頂く。ありがたい事です。

こうしたご縁がこの先も続いていく様にきちんとした仕事をしていきたいと思います。




藤井仏壇
http://fjbutsudan.web.fc2.com/
岐阜善光寺様の宮殿
岐阜善光寺様の宮殿をお預かりいたしました。新たに建てられた弘法堂に恥じない様に心を込めてお洗濯させていただきます。
http://gifu-zenkoji.jp/

タグ: 善光寺 岐阜
お洗濯
寺院様のお厨子をお洗濯しています。文字通り水を使うお洗濯(洗浄)

作業になるのですがここ最近気温があったかくていいですね~。

冬の冷たい水でお洗濯するのはなかなか大変ですから。

かと言って春でも冬でもお洗濯の質は変わりません。どうぞご心配なく。笑

こうして長年の埃や燻りを落としていくと奥に隠れていた本来のそのものの色に出会うことができます。

黒だと思っていたら全部金箔だったり、色とりどりの彩色だったりと静かな感動を覚えることがあります。

タグ: お洗濯
Experience Gifuの外国人向けのミニツアーが行われました
Experience Gifuの外国人向けのミニツアーが行われました。

Experience Gifu加盟店舗の陶器、湯葉、麩、醤油、和菓子屋、お寺、藤井仏壇を訪れ様々な見学や体験をされました。

藤井仏壇では仏壇の説明と金箔押し体験を楽しんでいただきました。

仏壇と外国人の方とは遠い気がいたしますが、そういった違った視点を通して仏壇屋の新たな価値や方向性を発見できたらと思います。

※Experience Gifuとは、外国人観光客を岐阜に呼ぼうというプロジェクトです。
http://experiencegifu.com/




永遠に枯れない花
いま寺院様の常花(じょうか)の修復をさせていただいております。常花とは「永遠に枯れない花」という意味があるそうです。蓮を形どった木で出来ていて塗りを施しその上に金箔を押し(貼り)ます。修復が完成するとピカピカの蓮の常花になります。今度お寺に行かれたときは一度本堂の常花に注目してみてはどうでしょうか。


創業安政二年 藤井仏壇
タグ: 常花 金箔 仏壇
左義長
本日1月17日はご近所の伊奈波神社さんの左義長の日です。旧年の神礼・お守・縁起物・正月飾りなどをお焚き上げし、無病息災を祈る神事です。子どもの頃よくここでお餅を焼いて食べた思い出があります。

 
寒い冬こそいい香り♪
やっぱりこの寒い時期に焚くお香は香りがいいですね~。

店先でお香(主に香水系のお香です)を焚いているとそれを実感します。

冬の冷たさと乾燥した空気がお香の甘い香りとコラボして「よい香り」になるのでしょうか♪
タグ: お香
パッチワークの印伝
こんにちは、藤井仏壇の藤居です。
 
みなさん印伝はご存知でしょうか?
鹿の革のに漆で模様を施した工芸品です。主に財布などの種類が多くあります。
従来から藤井仏壇でも印伝商品を取り扱っておりまして、店頭にない商品でも財布の形と革の色と模様の組み合わせをセミオーダーで注文していただけます。
 
そしてこのたび新商品としてパッチワークの印伝が入荷いたしました!
文字どおり異なった皮の色と漆の模様を縫い合わせた商品でございます。
実はこの革の組み合わせは決まった型がないので、それぞれが一点ものと言うことになります。
おしゃれなパッチワークの印伝、いかがでしょうか。
 
お財布  ¥8400(税込)


お財布 ¥6825(税込)
 

眼鏡ケース ¥8925(税込)
 
タグ: 印伝 藤井仏壇
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 最初 | next>>