ぶつだんやの若旦那ブログ@藤井仏壇

プロフィール
創業安政二年 藤井仏壇さん
創業安政二年 藤井仏壇
岐阜県岐阜市末広町89
℡(058)263-0322
HP 
http://fujiibutsudan.com/
FACEBOOK
http://www.facebook.com/fjbutsudan


安政二年(1855年)初代源八は、彦根で井伊家の大工をつとめるかたわら仏壇を作り、天秤棒でかついで行商して歩いた。その頃、岐阜はまだ仏壇が少なく、しかも浄土宗、浄土真宗といった仏壇を大切にする宗派の信者が多い事を知った源八は、三十代で思い切って移住してきた。源八は、商売も上手だったがあくまでも職人だった。中途半端な妥協を許さずきっちりした仏壇を造っていたので評判だった。
二代目熊吉も父親ゆずりの器用さで益々立派な仏壇を造り、店は繁盛していった。
三代目源太郎は、親分肌で職人が三十人も集まり繁盛したが、明治二十四年の濃尾大震災で町も店も崩壊してしまった。だが「日頃のご恩返し」とばかりに職人たちが五日間で店を再建、町の人々は目を見張ったという。そんな三代目も借金を残し六十歳で世を去った。
四代目栄次郎は、その借金返済のため職人を半分に減らし、堅実に黙々と仕事に励んだ。
五代目栄次郎は家を継いだものの、戦争で二度も兵役を務め、戦後は材料、職人、買い手もなく苦労した。やっと朝鮮動乱の頃から軌道に乗り始め、六代目進に伝統ある仏壇職人の技と心を教えながら六十九歳で世を去った。
六代目藤井進は、そんな父親の苦労と温かい心を思いやりながら「私の店は老舗。伝統を生かした本物を後世に残したい。」という父親の言葉を噛みしめて仕事に励んでいる。
そして七代目になる予定の藤井進一は若旦那として日々修行の毎日を送っている。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:123388
Today:52
Yesterday:50
西郷どんの香り
ついに出ました!NHK大河ドラマコラボ商品「西郷どんの香り」。

大河ドラマコラボお線香として早9作目になります。



今回の「西郷どん」と言えば幕末の英雄であり、日本史上屈指の知名度を誇る偉人。活躍の舞台は日本各地に存在するが、とりわけゆかりの深い、薩摩(鹿児島)、京の都(京都)、江戸(東京)をクローズアップし、各土地の「西郷どん」の瞳に映った景色をそれぞれ香りで表現し詰め込みました。





○薩摩“野屋敷”に実る「山桃」の香り
 西郷どんが青年時代と下野後から西南戦争前まで暮らした野屋敷にある「山桃」をイメージした香り。

○幕末の京を感じる「白檀」の香り
 京の都に足繁く通った西郷どん。寺院に囲まれた薩摩藩邸あたりに漂っていたであろう空気感を「白檀」でイメージした香り。

○江戸上野に咲く「山桜」の香り
 様々な歴史舞台となった上野は、自身の銅像が建っているほど縁が深い場所。当時も見ていたであろう「山桜」をイメージした香り。

果実の香り、香木系の香り、花の香りと1箱で3種の香りが楽しめ、「西郷どん」のいた風景に思いを馳せることができるお線香に仕上げました。

毎日のご供養はもちろん、お部屋の芳香としてもおススメです。



西郷隆盛 幕末の香りのお線香 1080円(税込)


創業安政二年 藤井仏壇
岐阜市末広町89
電話058-263-0322
http://fujiibutsudan.com/http://fujiibutsudan.com/
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=85194