ぶつだんやの若旦那ブログ@藤井仏壇

プロフィール
創業安政二年 藤井仏壇さん
創業安政二年 藤井仏壇
岐阜県岐阜市末広町89
℡(058)263-0322
HP 
http://fujiibutsudan.com/
FACEBOOK
http://www.facebook.com/fjbutsudan


安政二年(1855年)初代源八は、彦根で井伊家の大工をつとめるかたわら仏壇を作り、天秤棒でかついで行商して歩いた。その頃、岐阜はまだ仏壇が少なく、しかも浄土宗、浄土真宗といった仏壇を大切にする宗派の信者が多い事を知った源八は、三十代で思い切って移住してきた。源八は、商売も上手だったがあくまでも職人だった。中途半端な妥協を許さずきっちりした仏壇を造っていたので評判だった。
二代目熊吉も父親ゆずりの器用さで益々立派な仏壇を造り、店は繁盛していった。
三代目源太郎は、親分肌で職人が三十人も集まり繁盛したが、明治二十四年の濃尾大震災で町も店も崩壊してしまった。だが「日頃のご恩返し」とばかりに職人たちが五日間で店を再建、町の人々は目を見張ったという。そんな三代目も借金を残し六十歳で世を去った。
四代目栄次郎は、その借金返済のため職人を半分に減らし、堅実に黙々と仕事に励んだ。
五代目栄次郎は家を継いだものの、戦争で二度も兵役を務め、戦後は材料、職人、買い手もなく苦労した。やっと朝鮮動乱の頃から軌道に乗り始め、六代目進に伝統ある仏壇職人の技と心を教えながら六十九歳で世を去った。
六代目藤井進は、そんな父親の苦労と温かい心を思いやりながら「私の店は老舗。伝統を生かした本物を後世に残したい。」という父親の言葉を噛みしめて仕事に励んでいる。
そして七代目になる予定の藤井進一は若旦那として日々修行の毎日を送っている。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:134178
Today:23
Yesterday:43
NHK大河ドラマ『軍師 官兵衛』のお線香
2014年NHK大河ドラマ『軍師 官兵衛』のお線香が新登場です!

主演の岡田准一さんが演じる官兵衛が晩年を過ごした中津城のある大分県名産「かぼす」を線香の香りに用いました。

なんと全国のかぼすの収穫量のうち大分県が97%も占めてるのですね!

『軍師 官兵衛』の世界に浸りながら、かぼすの爽やかな香りに癒されてみてはどうでしょうか♪


¥1,050(税込)

パッケージデザインについて

○赤合子兜
官兵衛は戦国時代においては珍しく側室を持たず、正室ただ一人を生涯愛し続けました。この赤合子兜(あかごうすかぶと)は、その正室である光(てる)の父・櫛橋伊定(くしはしこれさだ)から贈られたもので、この兜を身に着けた戦では一度も負けなかったといわれています。妻も家臣も自身の何よりの宝物と大切にし、身分の高い低いを問わずに慈しみ人望厚かったと言われる官兵衛公のトレードマークです。

○藤の花
織田信長の配下だった官兵衛と荒木村重。ところが1578年、荒木村重は反旗を翻し毛利側につき、説得に訪れた官兵衛を有岡城(伊丹城)に約1年間幽閉しました。陽も差さない狭い牢獄で長期間過ごし肉体的にも精神的にも疲労した官兵衛は、窓格子から見えた藤の花に生きる勇気をもらい、救い出されるその日まで望みを捨てませんでした。後に家紋を「藤巴」に改めたほど、藤の花と官兵衛には深いつながりがあります。


創業安政二年 藤井仏壇  
岐阜県岐阜市末広町89
℡(058)263-0322
http://fujiibutsudan.com/
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=20124