ブランドコピー時計販売専門店

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:24685
Today:15
Yesterday:19
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
オメガ シーマスターで腕時計デビューしよう!

オメガ シーマスターで腕時計デビューしよう!
シーマスターは腕時計デビューにおすすめ!
シーマスターと聞くと海をイメージして日焼けした肌でなければ似合わない!
と思ってしまいがちですがそんなことはありません。
成人男性で似合わない方はいないと思います。
ケースも36ミリ、41ミリ、44ミリなどのラインナップがありますので、腕が細くても腕が太くても色白でも似合います(笑)
オメガ シーマスターの良いところは、
①中古品の流通が多く選ぶ楽しみがある。 
②手頃なモデルも多く入門モデルに最適である。
③誰もが聞いたことはあるブランドで知名度が高い。
というのが良いところです。
を選ぶことが大事です。
腕時計から広がる海を楽しんでみませんか?
お気に入りの1本を探してみましょう!
トケマーから良さそうなモデルを選んでみましたのでご覧下さい。
1本目はシーマスタープロフェッショナル2531.80です。
このシーマスターは私が社会人デビューした時に着けていたモデルと同じです。
40ミリ程度のケースが私の腕にはフィットし心地の良いサイズ感でした。
当時の私は身長175センチ、体重65キロ、腕回り16.5センチのどちらかというと痩せ型でした。
文字盤のブルーに波模様があり、ベゼルのブルーがカッコよく見えて購入したことを覚えています。年月が経っても飽きのこないシンプルデザインですので買って損はないです。年々中古品価格は上がっています。昔は10万以下で売りに出されていました。今は10万以下は見かけません。年代相応のコンディションという感じで悪くないと思います。
2本目はシーマスタープロフェッショナル2265.80です。
こちらのシーマスターはクォーツです。
電池交換済でケースは磨いているのでとてもキレイに見えます。

文字盤のブルーが鮮やかで夜光が大きく力強さを感じます。角度によって色んなブルーが楽しめて満足のいく1本です。
ケースは41ミリなので丁度いいです。

【徹底比較!あなたはどっち?】旧型EXⅡ Ref.16570 vs 新型EXⅡ Ref.216570
【徹底比較!あなたはどっち?】旧型EXⅡ Ref.16570 vs 新型EXⅡ Ref.216570
まずは両者の基本スペックから!
【商品名】エクスプローラーⅡスーパーコピー時計
【型番】16570
【機械】自動巻き Cal.3185・Cal.3186
【素材】ステンレススチール
【カラー】黒
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
2011年のバーゼルワールドの目玉で、20年ぶりにリニューアルされた現行エクスプローラⅡは初代モデルを彷彿とさせる、オレンジ針(GMT針)が最大の特徴といえます。
わずか2mmのサイズアップですが腕時計の2mmはかなり印象が変わってきます!



また、ケースサイズも2mmサイズアップし、42mmとなりました。
サイズが大きくなった分、旧型に比べダイヤル幅も広がり、視認性もアップしました!
ケースサイズが2mm大きくなっただけではこんなに重くなりません。全体的なパーツが大型化したのも重量が増えた要因ですが、一番の要因はブレスレットの仕様変更です。
旧型ではリンクパーツが空洞でしたが新型は中央のリンクパーツが無垢パーツに変更された為、堅牢性はもちろん、重量もアップしました!
バックルも大きく仕様変更しました。これはEXⅡに限らず、他のモデルの新旧の違いにもいえることですが、旧型のバックルも堅牢性、着脱性は十分なレベルですが、高級感はやや物足りない印象でした。
新型のブレスレットは堅牢性はもちろん、高級感がさらに増した印象で、重さもずっしりしています!比べるとだいぶ違います。さらに5mmのエクステンション機能も備え、機能性も向上しました。便利ですよ!

https://www.mycopys.com/
ゴリマッチョ系腕時計‐弟が腕時計を1本欲しいってよ とりあえず5本選んだよ!

ゴリマッチョ系腕時計‐弟が腕時計を1本欲しいってよ とりあえず5本選んだよ!
9月に入り、朝晩とかなり過ごしやすくなってきた今日この頃。
服の袖も、ぼちぼち長いものに変わってくるので、時計が隠れてしまうのは少し寂しいなと感じているのは私だけでしょうか。
そんな中、私の弟からゴリっとした時計で、何かおすすめのものはあるかという相談を受けたので、それについて書いていこうと思います。
一応、本人が気になっているブランドは、スーパーコピーブランドオーデマ・ピゲとウブロだそうです。
ちなみに、時計には全然詳しくない人なので、どのブランドがどういった立ち位置や、ストーリーをもっているかといったことは、全く知りません。
では、おすすめのモデルを5つほど考えていきたいと思います。
オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショア
欲しい時計を考えた時に、オーデマ・ピゲにたどり着いていているのであれば、もう、それはオーデマ・ピゲ一択でしょう。
ゴリっと、という表現がよくわかりませんが、この「ゴリ」という言葉を「ゴリマッチョ」の「ゴリ」と捉えるならば、ロイヤルオークでいけば、オフショアがおすすめですね。
ちなみに、この人は、普段は何の変哲もない、ロレックスのオイスターパーペチュアルをつけております。
普段は比較的、控えめな感じの時計ですね。
オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク
時計にそれほど興味もない、ファッションの一部と考えているような人が相手ですから、値段的には、通常のロイヤルオークもありかなと考えております。ただ、ゴリっと感がないんですよね、ゴリっと感が。どちらかというと、シュっとしておりますね。ゴリっと、と、シュっと、は反対語なのかどうかは知りませんが。
ウブロ ビッグバン
本人から名前が出ているので、一応、ウブロのビッグバンもおすすめで入れておきましょう。オーデマ・ピゲとウブロの名前が出てくるところが、ある意味、この方の、時計へのスタンスを垣間見られる気がするでしょう?どちらも素晴らしい時計というのを断ったうえで、誤解を恐れずに言うと、本当に時計のことを知っている人であれば、ウブロとオーデマ・ピゲは、迷わないと思うんですよね。ふつうは、オーデマ・ピゲにいくでしょう。
ただ、ウブロの時計も実物を見ると、セクシーでかっこいいんですよね。どちらかというと、フランクミュラー的な。フランクミュラーといっても、200万円くらいまでのフランクミュラーのことです。

スポーツ選手や、業界の人に人気があるので、私の弟もどちらかというとそっち側の人なので、惹かれる気持ちは分かります。

オーデマ・ピゲにいかれると、私が羨ましいので、ウブロにいってもらおうかな・・・。

https://www.biubiu7.com/

【紳士の為のこだわり時計】IWC ポルトギーゼクロノグラフに迫る

【紳士の為のこだわり時計】IWC スーパーコピー時計ポルトギーゼクロノグラフに迫る
IWCは1868年、フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ氏がスイスのシャフハウゼンに創立したのが始まりです。
当時はポケットウォッチ、いわゆる懐中時計を製作していたが、1899年腕時計として製造されたものが出荷されました。



その後、トノーケースやレクタンレギュラーケースの腕時計を製作し、今もなお残る『パイロットウォッチ』が出来たのは1936年。
そして、今回の主役の『ポルトギーゼ』が登場したのはその3年後の1939年のこと。
今もなお大人気のIWCきってのフラッグシップモデルの一つとなっております。
スペック
ケース素材:ステンレススチール
ストラップ:ブルーアリゲーターストラップ
ケース径:40.9mm
パワーリザーブ:44時間
防水性:30m防水
インデックス:アラビア表記
バックル形状:フォールディングバックル
長くスラッとしたリーフ針は、鉄を焼くことで酸化被膜を作り、腐食しにくくするブルースチール針。インデックスはアラビア表記で、視認性が高いアプライドインデックス。
こう言ったところも腕時計を使用する側としてはポイントが高いですよね!

https://www.biubiu7.com/

堅実な高級時計メーカー『IWC』からおすすめの3本をご紹介!
堅実な高級時計メーカー『IWC』からおすすめの3本をご紹介!
IWC(インターナショナルウォッチカンパニー)
IWCは1868年にスイスのシャフハウゼンで創業した時計メーカーで、現在はリシュモングループに属しています。
創業当初はアメリカの市場に向けて、懐中時計を製造していましたが、1915年から腕時計の製造に本格的に参入し、現在では高級時計メーカーとして世界中で愛されるブランドとして認知されています。
現在はインヂェニア、ポートフィノ、ポルトギーゼ、アクアタイマー、パイロットウォッチ、ダ・ヴィンチの主要6ラインで構成されており、それぞれに特徴があります。
そこで今回は、IWCの中からおすすめしたい3本をご紹介したいと思います。では早速、参りましょう!
インヂェニア オートマチック IW323904



【商品名】インヂェニア オートマチック
【型番】IW323904
【機械】自動巻
【素材】ステンレス
【カラー】白文字盤
【ケースサイズ】40mm
【防水性】120m
まずは、1955年に誕生した『インヂェニア 』です。
40mmモデルのIW323904です。
インヂェニアはドイツ語で『エンジニア』をという意味です。1950年頃、機械工学や電子技術が発展し、発電所やレントゲン撮影技術者など高い磁力の中で働く人が増え、そういった人々のニーズに答えるために誕生したのがインヂェニアです。
こちらのモデルは実用性も高く、耐磁性能は80000A/mでミルガウスと同等の耐磁性能を誇ります、さらに防水性も120Mあり、IWCのダイバーズモデル『アクアタイマー』に次ぐ防水性を誇ります。トータルスペックを見てもインヂェニア はIWCの中でも一番実用性のあるモデルといえます。ベゼル上に空いた穴もインヂェニアの特徴で、このデザインは皆さんご存知、時計デザイナーのジェラルド・ジェンタ氏の考案で作りだされました。『インヂェニア』シリーズのトレードマークとなっています。
ヘアラインもシャープで力強い印象です。シンプルな3針で派手さはないものの、その分汎用性の非常に高いモデルで、特にスーツに似合う時計です。ベゼル上に空いた5つの穴もアクセントとなっており非常にカッコいいです!!
https://www.lii11.com/
【大人の休日】お手頃なオフ用時計を探せ!【ブルガリレビュー他お勧め3選】

【大人の休日】お手頃なオフ用時計を探せ!【ブルガリレビュー他お勧め3選】
高級機械式スーパーコピー腕時計というと、やはりビシっとしたドレッシーなイメージが強いですね。

そう、勝負する時。

つまり『オンの時』。
歳をとってからも一生使える...なんて考えて購入する人も多いはず。

そうなると、カジュアル系やスポーツタイプは選ばない。
『オンの時』をメインに意識して選んじゃう。
そうするとオフには使いにくいデザインになっちゃうんですよね。

今回は、そんなあなたに『もう1本、オフの日用の腕時計』をお勧めしたい。
Tシャツ短パンでも、スウェットでも?いけちゃう。

勿論、Gショックなどではなく高級ブランドで、でもお手頃なモデル。
ブルガリ アルミニウム XL AL44TAVD
『オフの日用の高級ブランド時計ならコレ』っというモデルをレビューします。

ではスタート。
はい、世界に誇る高級宝飾ブランドのブルガリ。

お馴染みのネイビーの外箱。

ゴールドカラーのロゴに高級感がありますね。

カルティエ タンクフランセーズSMを買う前に読んでおくべき基礎レビュー

カルティエ タンクフランセーズスーパーコピーブランドSMを買う前に読んでおくべき基礎レビュー
タンクフランセーズってどんな時計
今日は初のレディース時計をレビューしたいと思います。
レディース時計の代表とも言えるタンクフランセーズ。

嫁が以前から欲しいと言っていたのでなんだかんだ買うことになりました。
個人的にはレディースロレックスがいいと思っていたのですが、止まってしまうのがめんどくさいみたいです・・・。


確かに女の人だと毎日時計を付ける訳でもない限りは、機械式だと大変なのかもしれないですね。
さて、そんなタンクフランセーズですがどんな時計なのでしょうか。

「タンク」とは名前の通り「戦車」からインスピレーションされています。
ブレスレット部分はキャタピラをイメージして作られました。

ブレスレット部分のケースが一体化したデザインはバングルウォッチと呼ばれることもあります。
カルティエのリューズの石
カルティエと言えばこの青い石ですね。

サントスやバロンブルーにも使われています。
この石は「スピネル」と言う宝石です。

硬さを表すモース硬度は8となり、ダイヤモンドやルビー等に比べると若干柔らかい石となります。
さすが、ジュエリーブランドらしい宝石を使用しています。
カルティエらしい針ですね。

ブルースチールの針は、鉄を高温で焼き、酸化被膜を作り錆びにくくします。
現在ではそれ以上に外観での造形美のイメージが強いです。

光の加減によって変化する青の色味が非常にキレイですね。

https://www.goods520.com/

TISSOT最新モデル、SEASTARで憧れの三浦マーシーになれる?
TISSOTスーパーコピー時計最新モデル、SEASTARで憧れの三浦マーシーになれる?
ミドル憧れのマーシーがTISSOTのSEASTARを装着
TISSOTのウェブトップは今、モデルの三浦理志(みうらまさし)さんです。愛称はマーシー、1970年生まれ、湘南在住で180センチを超える高身長イケメンですがヒゲを蓄えたナチュラルなカーリヘア、溢れる笑顔で海とサーフィンを愛し、農業も行う人気モデルさんです。自然体なライフスタイルを実践している事でも人気が上昇しています。
我々トケマー世代とも一致する(若い人いたらごめんなさい)彼がモデルを務める雑誌OCEANESがTISSOTとコラボで新製品『、TISSOT SEASTAR 1000 AUTOMATIC』を付けた彼の日常のイメージ動画をアップしています。
TISSOT SEASTAR 1000 AUTOMATICは1950年代に発表された『SEASTAR』の名を引き継ぐモデルです。マリンスポーツからフォーマルなスタイルの場所でも合うエレガントなスタイルを兼ね備えたダイバーズウォッチです。
三浦理志さんは動画の中でこれまで、普段の生活では腕時計をしない生活を愛して来たと語っています。
モデルの仕事を東京で、それが終わると湘南の自宅に帰り休みはサーフィンと畑で農業と料理を愛するナチュラルなライフスタイルを満喫しているモデルさん。
これまで農業もサーフィンも時計が邪魔になり、カジュアルなシーンでは時計はしない生活を過ごして来たと語っています。
心踊る時計を
動画の中で三浦さんはTISSOT SEASTAR 1000 AUTOMATICを付けて時計に対する考え方が変わったとコメントしています。
彼の日常ではこれまでカジュアルなシーンで時計は付けていません。
彼の公式 Instagram内でも殆ど時計をしている姿は無く無時計派かもしれません。
しかしやはり良い腕時計に出会う事で彼もカジュアルなシーンで時計をつけてみたいと感じたようです。
三浦さんは『TISSOT SEASTAR 1000 AUTOMATIC』が薄く、腕にフィットしてサーフィンする時に気にならないと語っています。
カジュアルでの大切な時に使える事が決め手になったようです。
TISSOT SEASTAR 1000 AUTOMATICはケースの厚さが12.7ミリです。通常のダイバーズウォッチ、例えばサブマリーナやシードゥエラーでは13ミリ〜18.6ミリと比較すると幾分厚みが薄いダイバーズウォッチです。
時計を使うシーンが少ないため腕時計に興味が無い方もいるかと思います。
例えばオフの時しか腕時計をする機会が無い方は自然と時計をつけなくなる場合もあります。
防水もより実用的な30気圧防水に抑えてケース厚みを薄くしてデザイン面を優先させています。
また裏面もTISSOTで多くある、シースルに仕上げています。
普段時計を使わない人には時計裏面のシースルは時計に対する興味を抱かせるきっかけとがなります。
機械式時計のムーブメントの動きが見えて楽しく感じる筈です。
フォーマルなシーンで心踊る、三浦さんも動画でコメントしていますが、これはアドリブでは無く本音?って思わせるくらい自然な言葉が出たシーンでした。
このTISSOT SEASTAR 1000 AUTOMATICは日本限定のモデルが出ています。
ストラップにラバー素材の芯を絡ませたキャンバス地は上品に時計を魅せています。

連絡先   huangbobo988@gmail.com

【ロレックスの歴史 Part.3】2006年〜2010年
ロレックススーパーコピー時計の歴史 Part.3】2006年〜2010年
2007年は新しいモデルが多く発表された年でした。
ヨットマスターからは"カウントダウン機能"という特殊な機能を搭載したヨットマスターⅡが発表されました。
ヨットレースに特化した計測機能を搭載したヨットマスターⅡ。独自のシンクロ機能によって計測がはじまってからでもプッシュボタン操作でカウントダウン針をスタート位置にフライバックさせる事ができる実践向けの機能が搭載されています。
ダイナミックな44mmケースも迫力があり、高級感も抜群です。発表当初は金無垢仕様のみでしたが、2013年には待望のSSモデルが発表されました。
また、2017年のバーゼルでモデルチェンジを果たし、依然注目度の高いモデルとなっています。
【2007年】ミルガウスの復活
2007年は1000ガウスもの耐磁性能を備えた伝説のモデル、ミルガウスが復活しましたね。
性能もさる事ながら、デザインも魅力的でオレンジの"イナズマ針"が特徴的です。初めて見たときはあまり良いとは思わなかったですが、改めて見てみると"アリ"なデザインですね。
また、透明のサファイアクリスタルとは別にグリーンサファイアクリスタル(116400GV)も採用している唯一のモデルで、非常にオシャレです。
2007年に発表された116400GVは黒でしたが、2014年には新色のZブルーダイアルも発表されています。
すでに116400の黒と白、さらに116400GVの黒も生産終了となっており、現在では116400GV Zブルーのみとなっています。連絡先   huangbobo988@gmail.com

https://www.mycopys.com/
【高級時計を知る】車好きのための腕時計!
【高級時計を知る】車好きのための腕時計!
今回は、高級時計の魅力を知ってもらうために、ひとつ興味深い腕時計の種類を紹介しましょう。
時には、「ドライビングウォッチ」と呼ばれることもありますが、要するに
車を運転しながらでも、容易に時刻を確認することができる時計
です
現在は、自動車のダッシュボードに時計が設置されていることが一般的です。そのため皆さんは、運転中に手首に巻かれた腕時計を見なくても時刻がわかることでしょう
しかし、今と昔は違います。昔は必ずしもダッシュボードに時計があるとも限りませんでしたし、ダッシュボードクロックが備えられている自動車でも、ゼンマイを巻き上げて使用する時計でした。そのため、昔は運転中に時刻確認をするなら、腕時計が便利だったのです。
そんな状況で登場するのが、ドライバーズウォッチです。とはいえ、皆さんの多くは、「ドライバーズウォッチ?」と首をかしげることでしょう。実はドライバーズウォッチは、今だけでなく、当時もメジャーな存在ではありませんでした。しかし、“車好き”の方は、きっと好奇の目を輝かすことでしょう。
今週は、高級時計の魅力的な一面の紹介として、ドライバーズウォッチに注目したいと思います。



 ■ドライバーズウォッチの特徴と種類
ではまず、ドライバーズウォッチの特徴と種類を紹介しましょう。
その特徴を把握するために、まずドライバーズウォッチが作られた経緯の紹介です。
ドライバーズウォッチの誕生は、1900年代初頭までさかのぼります。当時、自動車としては、大衆車が登場し始めるころです。特に、フォードが台頭するアメリカでは、どんどん自動車が普及していきます。そして当時、腕時計も、普及過程にあたる時期です。その頃に、「自動車を運転中に、見やすい時計を作って欲しい」という依頼があり誕生したのが、ドライバーズウォッチです。
そのような経緯で誕生したドライバーズウォッチの使命を具体的に表現すると、
「ハンドルを握りながら、そして一瞬の確認で、時刻を読み取りできること」

https://www.goods520.com/
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>