スーパーコピーブランド専門店/偽物ブランド時計コピーを激安通販サイト

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:81501
Today:576
Yesterday:131
個人的に気になっているセミアンティーク・アンティークウォッチ〜
個人的に気になっているセミアンティーク・アンティークウォッチ〜
1本目はオメガから!スピードマスター プロフェッショナルです。
ブランド名:オメガ
モデル名:スピードマスター プロフェッショナル
Ref:3572.50
ケース素材:ステンレス
ブレス素材:ステンレス
ベゼル:タキメーターベゼル
ケースサイズ:42mm
製造年代:3570.50と3573.50の間
今やオメガと言ったらスピードマスターというようなブランドのアイコンモデルになったスピードマスター。
ムーンウォッチとしての知名度はとても高いですが、スピードマスターがシーマスターからの派生モデルとして登場しているということを知っている人はそこまで多くないかもしれません。
今回ご紹介する個人的に気になっているスピードマスターは7世代目のプラスティック風防にケースバックがサファイアクリスタルのシースルー仕様のスピードマスターです。
ちなみにひとつ前の3570.50はプラスティック風防ですが、ケースバックはステンレス製になっている為、ムーブメントは見えない仕様です。
3570.50の製造期間は1996年〜2014年頃となっています。恐らく3572.50も同年代に出ていたと思われます。
3570.50も良いですが、シースルーバックの3572.50の方が惹かれます。
また、デザインの大きな変化が見られない、3573.50も存在します。
3573.50も良いのですが、やはりプラスティック風防が私の心をくすぐります。
3573.50の製造期間は、2002年〜2014年までとなっている為、生産終了時期が3570系とかぶります。
3572.50のプラスティック風防にシースルーバックの組み合わせだから気になっていると言っても過言では有りません。
トリチウム夜光のものや、初期生産のころの金メッキムーブメントなど、外せない点は多いですが、欲を言うと金額が膨らむので状態が全てなのかと感じています。
ブランド名:パテックフィリップ
モデル名:カラトラバ
Ref:3919
ケース素材:イエローゴールド・ホワイトゴールド・ローズゴールドの3種
ブレス素材:レザーストラップ
ベゼル:クルドパリベゼル
ケースサイズ:33mm
製造年代:1986年〜2006年頃
世界三大時計の一角からカラトラバの登場です。
パテックフィリップは1839年に創設されたブランドで、200年弱の歴史があります。
そんな200年弱歴史のあるパテックフィリップのカラトラバ 3919が個人的に気になっています。
1986年〜2006年と言うことは、20年の間売られていたロングセラーモデルです。
33mmの小ぶりなケースに3針(6時位置スモセコ)の非常にシンプルなデザインは今なお人気のあるモデルと言えます。
3919はケース素材が3種類存在し、
3919Gのホワイトゴールド
3919Jのイエローゴールド
3919Rのローズゴールドがあります。
この3919にはもう一つ欠かせない日本限定が存在します。
型番は3919SJ。
イエローゴールドを使用した限定モデルです。
イエローゴールドのモデルはもう3919Jがあるじゃないか。何が違うんだ。
となりますよね。
違いは一目瞭然です。
3919SJはシースルーバック仕様になっており、インデックスがゴールドアプライド、針が金針なのです。
日本限定ではない3本は、
シースルーバックではなく、プリントインデックスで、黒のリーフ針となっています。
日本限定もノーマルもどちらも魅力的です。しかし、日本限定は中々入手できません。
なんせ150本限定ですから。。。
厳しいですね。ウラスケの方が好みですが、在庫数が少ないなんて非情だ。
http://www.mycopys.com/
個人的に気になっているセミアンティーク・アンティークウォッチ〜自動巻編〜
個人的に気になっているセミアンティーク・アンティークウォッチ〜自動巻編〜
まずはロレックスから!サブマリーナ16610オールトリチウム。
ブランド名:ロレックス
モデル名:サブマリーナ
Ref:16610
ケース素材:ステンレス
ブレス素材:ステンレス
ベゼル:アルミ製逆回転防止ベゼル
ケースサイズ:40mm
製造年代:1989年頃〜2010年頃
ロレックスのモデルの中でも人気の高いサブマリーナ。
まだまだアンティークまでは行かないものの、オールトリチウムの初期生産シリアルはもうセミアンティークと呼べると思っています。
私が気になっているのはもちろん、トリチウム夜光が焼けて、インデックス・針が程よく変色している個体です。
オールトリチウムの個体は探せばありますが、程よく変色した個体は中々見つけられませんね。
付属品がしっかりついているかも重要なポイントですね。
サブマリーナだけでなくとも、ノンデイトやシードゥエラーでも素晴らしい個体があったらすぐに飛びついてしまいそうです。
2本目はオメガから!スピードマスターオートマティックです。
ブランド名:オメガ
モデル名:スピードマスター オートマティック
Ref:3510系
ケース素材:ステンレス
ブレス素材:ステンレス
ベゼル:タキメーターベゼル
ケースサイズ:38mm
製造年代:2000年頃
スピードマスター オートマティックは多くの種類が出ています。
シンプルな黒文字盤のRef.3510.50や
日本限定のもの、丸井限定のものなどそそるものがあります。

https://www.biubiu7.com/brand-1.html
https://www.biubiu7.com/
ロレックス GMTマスターⅡ 16713茶金ベゼル
ロレックス GMTマスターⅡ 16713茶金ベゼル
ますは、王道ロレックスからいきましょう!ヴィンテージ感漂う人気のGMTマスターⅡ茶金ベゼルのご紹介。
製造期間は1990年から2006年まで間でしたが、トケマー出品中のこちらのGMTマスターⅡはXシリアル(1991年頃の製造)の為、"トリチウム夜光"となっています。
仕様変更もいくつかあり、1995年頃にバックルがシングルからダブルに変わり、1998〜99年頃に夜光塗料がトリチウムからルミノバへと変わります。
仕様変更により、機能面では向上していますが、今評価がぐんぐん上がっているのは初期仕様の『シングルバックル&トリチウム』なんです。
現行モデルにはない、5桁モデルならではのアルミベゼルも魅力的。経年によるベゼルの褪色も個体差があって今後が楽しみなモデルです!
続いては、1990年頃ばから1990年代半ばまで製造されていたチュードル クロノタイム 79180です。
クロノタイムのセカンドモデルと呼ばれており、豊富なバリエーションと肉厚な"カマボコケース"が特徴です。
生産終了後もしばらくは目立った値動きはありませんでしたが、近年、特にここ1、2年で一気に高騰してきました。50万円前後あれば購入できたものが今では100万前後の値をつけています。
トケマーで発見したこのシルバー文字盤は商品画像を見る限り、コンディションが抜群に良さそうです。付属品もきっちり揃っているようです。

https://www.jpan123.com/
個人的におすすめのロレックスを選んでみたよエクスプローラーⅠ 214270
個人的におすすめのロレックスを選んでみたよエクスプローラーⅠ 214270
夏も近づく今日この頃。
半袖にばっちり似合う、ロレックスはいかがでしょうか。
今回は、トケマーから、これはこの夏に買い!なおすすめのロレックスを選んでみました。



ボーナスまではまだありますが、今のうちからしっかりと計画しておくのもいいかもしれませんよ。
1本目はエクスプローラーⅠ。
お値段の方は、635,000円。
定番ではありますが、多くのスポーツモデルの価格が高騰している今、お買い得感の漂うモデルでございます。
キムタクがドラマで着用したことで、プレミアがついたモデルではございますが、今はそんなこと知らない若者もいるでしょうね。もう20年くらい前のことだし・・・・。
ただ、キムタク云々に関係なく、時計自体は非常に素晴らしいモデルです。
スポーツモデルの中では一番、シンプルで飽きの来ないモデルと言えるでしょう。
ロレックスブティックでの購入ということで、安心ですね。
正規店購入、高年式で、付属品もすべて揃ってこの価格であれば、お買い得ではないでしょうか。
2本目は、アンティークな雰囲気漂う、オイスターパーペチュアルデイト。
お値段もロレックスのわりには比較的お手頃だし、現行品にはないアンティークな雰囲気もかっこいいですしね。
https://www.jpan123.com/