濱口貴史のブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:69728
Today:49
Yesterday:109
ヤクの羅羅、、象の散りばめの腕時計の紹介!

ジャック徳羅(Jaquet Droz)はアジアの卵の偽物ロレックス殻をつづり合わせてはめ芸術運に時計を作って、1項出し詩情あふれるマイクロ傑作。

 

一つの象――知恵と力のシンボル――金色にたたずん中、エンロン。ジャック徳羅(Jaquet Droz)技術や芸術創造力をこぼしに優れ、この項の新しい時小針盤(Petite Heure Minute腕時計の文字盤)が素敵な景色。この金はAteliers d」シリーズ作品アートは、一つの技術に挑戦し、またまるで1度の旅行の誘いを放つ清遠詩情。ジャック徳羅(Jaquet Droz)制作過程の中にの運用古いアジアプロセス:卵かけはめこむ技術。


その驚きの芸術工芸は一度ベトナムの旅の中で再発掘され、現地うずら卵の殻を使用する技術の製作独特の絵をはめる。以前、このように、このような技術は、製表業に応用することはない。ジャックに徳羅(Jaquet Droz)職人大師にとって、この試みだけをチャレンジして必死に図案をはめをさせる処理が現れて、ロレックススーパーコピー直径43ミリはブランドの歴史表の時小さい針盤(Petite Heure Minute)に。芸術の大家たちは処理ウズラ卵の殻から、厳格な手法と細心の集中度にして、この時計珍品の装飾図案。まず、色、形と純度はきわめて微細である脆弱カラのかけらで絹篩で篩うたよう、ブランド時計コピーそして根拠殻片の弧度と色合いは、选ばれた2000片卵の殻红金文字盤に手作りの組み合わせで必要な模様。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=75951